IMG_2268

    1: 久太郎 ★ 2019/07/12(金) 15:05:04.46 ID:bfTNq0wg9
     鹿島は12日、MF安部裕葵(20)が、スペインの名門バルセロナに完全移籍することでクラブ間の基本合意に達したと発表した。移籍後、当面はスペインリーグ3部所属のバルセロナBでプレーする。

     安部は中学時代、プロの目に留まるため、高3時に全国総体開催地で1枠増える広島の瀬戸内高に単身で進学を決め、その総体で鹿島のスカウトに見初められて鹿島に入団した。プロ3年目の今季はクラブ歴代最年少で10番を背負っていた。

     戦況を読む高い頭脳と独特なタッチのドリブルが持ち味。17年の国際親善試合Jリーグワールドチャレンジではスペイン1部セビリアとの一戦に途中出場してマン・オブ・ザ・マッチに輝いた。先月の南米選手権では全3試合に出場した。

     鹿島での最後の試合となった6日のJ1磐田戦では、コールが鳴りやまないゴール裏のサポーターに向かって両手を上げてから深く一礼し、あいさつする姿があった。移籍に備えて10日から個別メニューで調整してきたが、この日もクラブハウスには顔を出した。

     ▼安部のコメント 高校卒業から2年半という月日を鹿島アントラーズで過ごし、プロサッカー選手として、人間として大きく成長することができました。チームメイト、スタッフ、フロント、そしてサポーターの皆様、すべてのアントラーズファミリーと勝利のために戦えたことは、自分の誇りであり、財産です。今回、シーズン途中でチームを離れることは難しい決断でしたが、FCバルセロナで新たな挑戦をしたいと強く思い、移籍を決めました。これから直面する様々な困難や壁も、自分の成長には絶対に必要なことだと信じています。鹿島アントラーズというクラブで経験したすべてを糧に、これからも一日一日、一瞬一瞬を大切にして、フットボールと向き合っていきたいと思います。本当にありがとうございました

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190712-00000137-spnannex-socc

    【【朗報】鹿島の安部、バルサ移籍!】の続きを読む

    IMG_2266

    1: 久太郎 ★ 2019/07/12(金) 22:39:06.18 ID:bfTNq0wg9
    バルセロナは12日、アトレティコ・マドリーからフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンを獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月までの5年間となっている。契約解除金は8億ユーロ(約973億円)に設定された。

    グリーズマンに関しては、2017年の夏にバルセロナが獲得に接近。しかし当時、アトレティコ・マドリーが補強禁止処分を科されていたことを考慮したグリーズマンが“男気の残留”を決断した。

    バルセロナが再びグリーズマン引き入れを目指すと、今年5月にはアトレティコが同選手の2018-19シーズン限りの退団を発表。その後、アトレティコはシーズンの重要な時期(今年2月~3月)に交渉を進展させたグリーズマンとバルセロナ、さらに契約解除金の分割払いを申し込んできた同クラブを非難する声明を発表していた。

    アトレティコの怒りを受けて、バルセロナは一括でグリーズマンの契約解除金を支払うことを決断。1億2000万ユーロ(約146億5000万円)でアトレティコとの契約が解除されたグリーズマンは、バルセロナの一員となった。

    現在28歳のグリーズマンは、ユース時代を過ごしたレアル・ソシエダで2009年にデビュー。2014年から5シーズンにわたって主力としてプレーしたアトレティコでは、公式戦257試合に出場して133得点を記録した。

    また、2014年にデビューしたフランス代表としては、これまでに72試合29得点をマーク。昨年のロシア・ワールドカップでは7試合で4得点を挙げる活躍を披露し、レ・ブルーの20年ぶりとなる優勝に大きく貢献した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190712-00010031-goal-socc

    【グリーズマン、ついにバルサ移籍wwwww 移籍金146億wwwww】の続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/07/11(木) 20:56:59.88 ID:n5eQTiSC9
    イングランド代表FWダニエル・スターリッジが行方不明だった愛犬と再会を果たしたようだ。英『スカイ・スポーツ』が伝えている。

     昨季限りでリバプールを退団したスターリッジは9日、自身のインスタグラム(@danielsturridge)を更新。ロサンゼルス滞在中に空き巣被害に遭い、愛犬を盗まれたことを明かしていた。

     この事件はアメリカでもニュースとして取り上げられ、スターリッジは愛犬を取り戻すために2万ポンドから3万ポンド(約271~407万円)の懸賞金を提示。協力を募ったこともあり、無事に見つかったようだ。

     スターリッジは10日、愛犬であるポメラニアンのルッチくんと再開できたことをインスタグラムで報告した。

    「ルッチが正式に家へ帰ってきた」

    「心から嬉しいよ。SNSで僕らをサポートし、このことを広めてくれた人たちに大きな感謝を送りたい」

     同メディアによると、『キラ・フェイム』というラッパー名で活躍するフォスター・ワシントン氏の甥がルッチくんを発見。スターリッジは友人とともに南ロサンゼルスまで向かい、愛犬を受け取ったという。

     なお、ロサンゼルス警察は今回の事件の調査を続けているが、犯人はまだ逮捕できていないとのことだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190711-43469156-gekisaka-socc

    <関連スレッド>
    【サッカー】リバプール退団FWスタリッジが悲痛なSOS「犬が盗まれた。何でも払う。戻ってきて…」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1562673954/

    【【朗報】空き巣被害のスターリッジが愛犬と再会…犯人はまだ逮捕されず】の続きを読む

    このページのトップヘ

    こちらもおすすめ!