2018年10月

    1: Egg ★ 2018/10/30(火) 21:14:20.15 ID:CAP_USER9
    ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、自身のインスタグラムを更新。休日に京都の嵐山を訪れた際のファミリー写真を投稿した。

    no title


     
     妻のアンナ・オルティスさん、長女バレリアさん、長男のパオロ・アンドレア君、次女のシエナちゃんに加えて、今回はスペインから旅行で来日しているアンナさんのご両親も写真に収まった。嵐山の世界的な観光スポットである「竹林の小径」を仲良く散策している光景だ。そのほかにも京都の仏閣をはじめ、姫路城や奈良にも足を運んだようで、この2週間ほどで関西エリアの有名な観光地を軒並み制圧している。イニエスタ本人は「あなたたちの訪問を受け、ともに素晴らしい時間を過ごせた。最高にハッピーでした!」と感謝を述べた。
     
     投稿欄には世界中からコメントが寄せられており、「本当に素晴らしいファミリー!」「竹林まで行くとはツウですね!」「なんて素敵な場所だろう。京都?」「私も行ってみたい!」などなど。インスタグラムでさまざまな日本の観光地やプレイスポットを紹介してくれているイニエスタ。日本政府はこのワールドクラスの「観光大使」に感謝しなければ!

    10/30(火) 20:28 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181030-00049602-sdigestw-socc

    【イニエスタ観光しまくるwwwwwwwww】の続きを読む

    IMG_9563

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/10/30(火) 12:31:19.55 ID:CAP_USER9
    ユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、次のバロンドールに関して、「僕は値する」と話した。

    過去10年のバロンドールとリオネル・メッシと共に5度ずつわけあっているC・ロナウド。
    同選手は昨シーズン、レアル・マドリーのチャンピオンズリーグ(CL)3連覇に大きく貢献した。
    だが、今夏に開催されたロシア・ワールドカップでクロアチア代表を準優勝に導いており、レアル・マドリーでも主力のルカ・モドリッチが最有力とみられている。

    ほかにもフランス代表のキリアン・ムバッペやアントワーヌ・グリーズマンが候補に挙がる中、C・ロナウドはバロンドールについて、『フランス・フットボール』で以下のように話した。

    「何度も言っているけど、6度目のバロンドールを受賞することに関して、僕自身への強迫観念のようなものはないよ」

    「僕がフットボール史上最高の選手の一人だということは、僕自身わかっている。もちろん、6度目のバロンドールを受賞したいね。この逆を話すことは嘘になる。そのために仕事に取組み続けるよ。
    ゴールを挙げて、チームを勝利に導けるようにね。もちろん、僕はバロンドールに値すると思っている」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181030-00010001-goal-socc
    10/30(火) 12:26配信

    【C・ロナウド「バロンドール? 僕は値するだろう」】の続きを読む

    IMG_9673

    1: Egg ★ 2018/10/30(火) 06:16:02.50 ID:CAP_USER9
    レアル・マドリーは29日、フレン・ロペテギ監督との契約を解除することを発表した。後任は未定。暫定でBチームのサンティアゴ・ソラーリ監督が指揮を執る。

     2016年7月からスペイン代表を指揮していたロペテギ監督は、今年6月12日にロシア・ワールドカップ後のレアルの監督就任が発表された。しかし、翌日スペインサッカー連盟から代表監督の解任が発表され、前代未聞の新体制スタートとなった。

     すると、エースのFWクリスティアーノ・ロナウドを放出したレアルは、公式戦無得点のクラブワースト記録を更新するなど、新シーズンスタートから不調にあえいだ。そして28日に1-5でバルセロナに敗れ、10試合を終えて4勝2分4敗。伝統のダービーマッチ、“クラシコ”の敗戦が解任の決め手となったようだ。

     なお、後任候補には元チェルシー指揮官のアントニオ・コンテ氏の名前が挙がっている

    10/30(火) 5:59配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181030-03891381-gekisaka-socc

    【ロペテギ政権終了のお知らせwwwwwwwww】の続きを読む

    1: Egg ★ 2018/10/30(火) 01:05:53.03 ID:CAP_USER9
    自身の公式ツイッターにメッセージを投稿
     
    レスター・シティのFW岡崎慎司が、現地時間27日に起きたヘリコプター墜落事故で亡くなったクラブのオーナー、
    ヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ氏へSNSを通じて追悼メッセージを送った。

    痛ましい事故が起きたのは、プレミアリーグ第10節のレスター対ウェストハム戦終了後からおよそ1時間後の午後8時半。
    スリヴァッダナプラバ氏所有のヘリコプターがピッチから離陸した直後にバランスを崩し、スタジアム横の駐車場に墜落。
    機体は炎上し、オーナーを含む搭乗者5名全員が犠牲となって帰らぬ人となった。

    2010年にレスターを買収し、15-16シーズンのプレミアリーグ初優勝に導いたスリヴァッダナプラバ氏の突然の訃報は、サッカー界に大きな衝撃を与えている。
    同オーナーの下で15年にクラブへ加入した岡崎も、動揺を隠せない様子だ。日本時間29日朝に公式ツイッターを更新し、複雑な胸中を明かした。

    「未だに信じられません。レスターというチームにとっても、僕にとっても尊敬出来る存在でした。本当に感謝しています。
    僕たちはあなたを、そしてあなたと過ごした日々を一生忘れません #TheBoss」(原文ママ)

    岡崎の同僚であるレスターの選手や関係者も、続々と追悼メッセージを送っている。
    すでに本拠地キングパワー・スタジアムには多くのファンが献花に訪れるなど、レスターは深い悲しみに包まれている。

    10/29(月) 10:21配信 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181029-00144422-soccermzw-socc

    【岡崎、ヘリ墜落事故で亡くなったレスター会長へ「あなたを一生忘れません」】の続きを読む

    IMG_9671

    1: 久太郎 ★ 2018/10/29(月) 23:58:18.56 ID:CAP_USER9
    FWクリスティアーノ・ロナウドが、古巣レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長に対する思いを激白した。

    今夏にレアル・マドリーからユヴェントスへの移籍したC・ロナウドだが、その要因の一つにはペレス会長との関係不和が挙げられていた。契約延長交渉の破断や、脱税問題が世間を賑わせていた当時にバックアップを受けられなかったなど、C・ロナウドはレアル・マドリーからの扱われ方に不満を持っていたとされる。

    そして『フランス・フットボール』とのインタビューに応じたC・ロナウドは、レアル・マドリー退団後、一切言及してこなかったペレス会長について、ついに口を開いた。レアル・マドリーで438試合450得点を記録してクラブ史上最多得点者となり、4回のチャンピオンズリーグ優勝にも多大な貢献を果たした同選手は、次のような意見を述べている。

    「フロレンティーノは、ビジネスの関係上でしか僕のことを見てくれなかった。彼が心から何かを言ったことはなかったなんだ」

    「クラブ内部、特に会長は、僕のことを根本的な存在と考えていなかった。会長は、僕のことを代えの利かない存在として見ていなかったんだよ。だからマドリーを後にして、トリノのユヴェントスに加わることを考えた」

    「マドリーでは多くの素晴らしいことを成し遂げたし、忘れることのできない様々な瞬間を経験した。価値あるチームメートたちのことを忘れたりはしない。ファンのことも忘れはしないよ。でもあそこで9年を過ごして、居場所を変えるべきときが訪れたんだ」

    C・ロナウドはまた、自身が今年のバロンドールを受賞するにふさわしい選手であることを主張している。

    「バロンドールは執着する対象じゃない。僕はもう、史上最高の選手の一人なんだから。でも思うに、僕は今年のバロンドールにも値する」

    『フランスフットボール』が主催するバロンドールをこれまで5回受賞してきたC・ロナウドは、ペレス会長がそうした自身の価値を認めなかったと考えているようだ。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181029-00010011-goal-socc

    【C・ロナウド「ペレスは僕を代えの利かない存在と考えなかった」】の続きを読む

    このページのトップヘ