2019年02月

    1: Egg ★ 2019/02/27(水) 20:36:25.48 ID:e6z1t9ms9
    ヘタフェの日本代表MF柴崎岳(26)が、要員になるだろうと、27日付のスペイン・アラゴン州のメディア「ペリオディコ・デ・アラゴン」が報じた。
    ヘタフェが来季の補強としてスペイン2部サラゴサからスペイン人MFポンボ(27)と、ナイジェリアMFイグべケメ(23)の補強を検討しているという。

    リーグ戦27試合3得点のポンボは移籍金600万ユーロ(約7億5000万円)、23試合1得点のイグベケメは同1000万ユーロ(約12億5000万円)に設定されている。
    ヘタフェは全額を支払うつもりはなく、人的補償として柴崎ら複数の選手を期限付き移籍で差し出すことで移籍金を下げることを考えていると報じた。

    2/27(水) 20:28配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-02270837-nksports-socc

    写真
    no title


    【サッカー】<MF柴崎岳>スペイン2部デポルティボ・ラ・コルーニャ移籍にサインも…ヘタフェが最後に翻意!破談
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1549452071/

    【【悲報】ヘタフェ・柴崎岳、夏の移籍市場でトレード要員になるだろう…スペインメディア報じる!】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/27(水) 13:55:22.35 ID:zAOfo8Jq9
     元レアル・マドリード会長のラモン・カルデロン氏が、昨夏にレアルがポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)を放出した理由を暴露。

    パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールを獲得したかったからだという。英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」が伝えた。

    レアルでロナウドは、リーグ優勝2回、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)は3連覇を含む優勝4回、FIFAクラブワールドカップも3回制し、絶対的エースとして君臨してきた。昨夏に9年間過ごした“白い巨人”を退団。移籍金1億ユーロ(約130億円)でイタリア王者ユベントスに新天地を求めた。


     レアル退団については、フロレンティーノ・ペレス現会長との不和など、さまざまな理由が報じられているが、元会長のカルデロン氏はスペインメディア「Radio Villa Trinidad」のインタビューで、レアルがロナウドを放出した理由をこう明かしている。

    「クリスティアーノはCLを優勝した後、給料のアップを求めていたんだ。しかし、フロレンティーノは拒否した。それに、ロナウドはレアルがネイマール獲得に大金を費やそうとしていたことにも怒っていた。フロレンティーノは彼(ロナウド)に、もし1億ユーロのオファーを送ってくるところがあれば、どこでも行っていいと伝えた。それが事実さ」

     去就についてさまざまな憶測が飛び交っているPSGのネイマールは、常に移籍先の有力候補に挙げられてきたのはレアルだ。今年2月にも、現在の純給与が年間2500万ポンド(約35億6000万円)以上増加することで報奨金が支払われるオファーを提示。PSG側も、ネイマール放出でフランス代表FWキリアン・ムバッペの成長を促進できると考えており、ファイナンシャル・フェアプレーの規則違反回避のためにも、退団を容認する可能性が指摘されていた。

     もし、カルデロン氏の証言が事実であれば、この破格オファーの噂も現実味を帯びてくる。果たして、レアルのネイマール獲得は実現するのだろうか。

    2/27(水) 13:40配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190227-00172861-soccermzw-socc

    写真
    no title

    【【衝撃】レアルがロナウドを放出した本当の理由「ネイマール獲得したかった」】の続きを読む

    IMG_1148

    1: 豆次郎 ★ 2019/02/28(木) 06:53:20.76 ID:7CG8Fceb9
    2/28(木) 6:50配信
    バルセロナ、クラシコを制して決勝に進出!L・スアレスのハットでベルナベウを沈黙させる/コパ準決勝2ndレグ

    27日のコパ・デル・レイ準決勝セカンドレグ、サンティアゴ・ベルナベウでのレアル・マドリー対バルセロナは、3-0でバルセロナの勝利に終わった。2戦合計でも4-1とバルセロナが上回り、決勝進出を決めている。

    レアル・マドリーの“黒歴史”を暴く!史上最低の獲得選手とは?ワースト31名を一挙公開

    2試合立て続けに行われるスペイン、ひいては世界を代表するナショナルダービー、クラシコの2連戦。1戦目はカンプ・ノウでのファーストレグを1-1で分けたコパが舞台である。

    レアル・マドリーは先発の可能性も予想されていたベイルが結局はベンチスタートに。GKケロール・ナバス、DFカルバハル、セルヒオ・ラモス、ヴァラン、レギロン、MFモドリッチ、カセミロ、クロース、FWルーカス・バスケス、ベンゼマ、ヴィニシウスと、GKクルトワ以外はソラーリ監督が主力として扱い続けてきたメンバーが先発している。

    一方のバルセロナは中盤にラキティッチ、ブスケッツのほかセルジ・ロベルトを起用。GKテア・シュテーゲン、DFセメド、ピケ、ラングレ、ジョルディ・アルバ、MFセルジ・ロベルト、ブスケッツ、ラキティッチ、メッシ、ルイス・スアレス、デンベレをスタメンとした。

    前半の立ち上がりはホームのレアル・マドリーが左ウィングのヴィニシウスを中心としたフルスロットルの攻撃を見せる。ボールを奪取されてもハイプレスでそれを奪い返し、バルセロナ陣地で試合を進めようとした。対するバルセロナは、守備時にデンベレが左ウィングから左サイドハーフの位置まで後退し、4-3-3から4-4-2となる可変システムを採用。セルジ・ロベルト、セメドがヴィニシウスが位置する右サイドをケアして、中央で歩きながらボールを待つメッシを起点にゴールを狙った。

    どちらも明確な決定機を得られないまま時間は経過。25分過ぎにはレアル・マドリーがインテンシティー、プレッシングの強度を落として、バルセロナがボールポゼッション率をみるみる高めていく。しかしゴールの予感をうかがわせたのはレアル・マドリーの方だった。

    ホームチームは37分、ロングフィードからヴィニシウスが最終ラインを突破。だがシュートはラングレに弾かれ、ベンゼマがこぼれ球を叩いたがこちらはテア・シュテーゲンの好守に遭った。レアル・マドリーはさらに38分、今度はレギロンの折り返しにヴィニシウスがダイレクトで合わせたが、うまくミートできずボールはクロスバーを越えていった。なお18歳ヴィニシウスは、さらなる決定機逸で感嘆の声を漏らした観客を「お前らが後押ししてくれば決めるさ」とでも言わんばかりに、自ら両手を上げて鼓舞する肝の太さを見せた。

    試合はスコアレスのまま折り返しを迎える。後半、レアル・マドリーは48分にクロースのFKからベンゼマがヘディングシュートを放つも、これは枠を捉えられず。再三にわたるチャンスを決め切ることができない。すると50分、バルセロナが決定力不足に陥るライバルを横目に一回のチャンスを決め切った。最終ラインを突破してサイド深くまで侵入したデンベレの折り返しから、L・スアレスがK・ナバスを破っている。これで合計スコアは1-2と、バルセロナがリードを得た。

    ビハインドを負ったレアル・マドリーは、ヴィニシウスの個人突破などでゴールに近づくも、やはりネットを揺らすまでには至らない。ソラーリ監督は68分に最初の交代カードを切り、L・バスケスとの交代でベイルを投入。しかしバルセロナが立て続けにゴールを決めたのは、その直後のことだった。68分、再びデンベレのサイド突破からL・スアレスが2点目を記録。さらに72分にはL・スアレスがペナルティーエリア内でカセミロに倒されてPKを奪取し、ウルグアイ代表FWがパネンカでこれを決め切りハットトリックを達成した。

    ■試合結果

    レアル・マドリー 0-3 バルセロナ

    ■得点者

    バルセロナ:ルイス・スアレス(50分、68分、72分)

    続きはこちらで↓
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00010001-goal-socc
    no title

    【【悲報】バルセロナ、クラシコ勝利もレアルはホームで弱過ぎるwwwwwwwww】の続きを読む

    IMG_1147

    【【悲報】レアルさん、バルサにボコボコにされてしまうwwwwwwwwww】の続きを読む

    IMG_1129

    1: Egg ★ 2019/02/26(火) 20:14:36.43 ID:CuIOzhvx9
    イギリスの複数のメディアによると、ロンドンのクラブはケパ・アリサバラガに対し罰金処分を下したようだ。彼の1週間分の給与である22万5,000ユーロ(約2,800万円)の罰金処分が科されるという。全ての方面から話を聞き、決定した処分である。

    ロンドンのクラブが発表を行なった声明文の中では、GKが彼の行動に対しての謝罪の声明文も含まれていた。「日曜日に僕にとって初めてとなる、カラバオ・カップのファイナルのピッチに立てたことにとても満足しており、チームの振る舞いをとても誇りに感じている。

    日曜日の出来事に関して、とても多くのことを考えた。誤解があったとはいえ、僕はあの状況で大きな過ちを犯してしまった。監督、ウィリー(・カバジェロ)、チームメイト、そしてクラブにしっかりと謝罪する時間を僕に与えていただきたい。僕はあの行動を取ってしまい、ファン達にも同様に謝罪したい。このことから僕は学習し、クラブが相応しいと判断する、いかなる罰や規律を受け入れたいと思う」とケパは指摘した。

    また、チェルシーは罰金の全額をチェルシー・ファウンデーションに寄付することも同時に発表している。

    2/26(火) 19:13配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190226-00010012-sportes-socc

    【【悲報】交代を拒否したGKケパ、チェルシーは1週間分の給料2800万円の罰金として課す】の続きを読む

    このページのトップヘ