2019年04月

    IMG_1485

    1: 名無しに人種はない@実況OK 2018/11/12(月) 21:07:50.22 ID:LTkKO1b0
    ユニフォームの胸スポンサー企業がhao123

    【こんな海外サッカーは嫌だ】の続きを読む

    IMG_1484

    1: 名無しに人種はない@実況OK 2019/03/17(日) 22:22:04.95 ID:CaiqSFGm
    ペップバルサに一票

    【歴代最高監督、歴代最高チームは果たしてどこか?】の続きを読む

    IMG_1482

    1: Egg ★ 2019/04/29(月) 09:40:05.30 ID:vvKUcQCS9
    リバプールは29年ぶりの快挙も達成!

     イングランド・サッカー選手協会(PFA)は現地時間5月8日、リバプールのオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクを最優秀選手に選出したことを公式HPで発表し

     今シーズンのファン・ダイクのパフォーマンスは圧倒的だった。

     昨年1月にサウサンプトンからリバプールに移籍したため、レッズで実質1年目となった今シーズンは、開幕から攻守に渡ってフル稼働。守りでは圧倒的な高さと1対1での強さを武器に名アタッカーたちを軒並み封殺し、リーグ最少失点数(20)を誇るチームの大黒柱となり、攻撃でも正確なロングキックで幾度となく好機を演出した。

     選手間投票によって選考される同賞で、DFとしては2004-05シーズンのジョン・テリー(チェルシー)以来、14年ぶりに選出され、エデン・アザールやセルヒオ・アグエロ、サディオ・マネといった最終ノミネート者を押しのけて堂々の受賞となったファン・ダイクは、次のように喜びのコメントを発表した。

    「本当に、本当に誇らしいし、言葉にするのは難しいね。毎週対戦している選手たちからの投票だから本当に名誉なことだと思う。これを受け取ることができて光栄に思うし、今日は特別な日だ。本当にみんなに感謝をしたい」
     
     また、PFAは同日に今シーズンのベストイレブンも改めて発表。最多の6人が選ばれたシティの面々をはじめとする以下の11人が名を連ねた。

    GK
    エデルソン(マンチェスター・C)

    DF
    トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール)
    フィルジル・ファン・ダイク(リバプール)
    エメリック・ラポルト(マンチェスター・C)
    アンドリュー・ロバートソン(リバプール)
     
    MF
    ポール・ポグバ(マンチェスター・U)
    フェルナンジーニョ(マンチェスター・C)
    ベルナルド・シウバ(マンチェスター・C)

    FW
    ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)
    セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
    サディオ・マネ(リバプール)

     今シーズンのポグバ派、ピッチ内外でネガティブな話題が目立ち、お世辞にも好調とは言えなかった。それゆえにPFAの公式ツイッターには、「なんでだ?」や「あの程度の出来でも選ばれるのか」、「今のポグバよりも俺の方がマシ」といった疑問の声が上がった。

     また、シティに続く4人が選出されたリバプールには、「今シーズンの彼らなら納得」といった賛辞の声が集まっている。

     リバプールから4人が選出されるのは、アラン・ハンセン、スティーブ・マクマホン、ジョン・バーンズ、ピーター・ベアーズリーが名を連ねた1989-90シーズン以来、29年ぶりの快挙だ。ちなみにこのシーズンを最後にリバプールは国内リーグの優勝から遠のいている。

    4/29(月) 6:58配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190429-00057699-sdigestw-socc

    写真
    https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/57699_ext_04_0_1556190800.webp?v=1556489424

    【【朗報】ファン・ダイクが選手投票のプレミア最優秀プレーヤーに決定!】の続きを読む

    IMG_1483

    1: 豆次郎 ★ 2019/04/29(月) 05:45:44.73 ID:gd910mu/9
    4/29(月) 5:40配信
     現地時間4月28日に開催されたラ・リーガ35節で、3位のレアル・マドリーが、最下位の20位に沈むラージョ・バジェカーノと対戦した。


     開始5分、マドリーはショートコーナーからマルセロが右足で強烈なシュートを放つも、GKアルベルト・ガルシアにセーブされる。

     最初にビッグチャンスが訪れたのはラージョだった。17分、マリオ・スアレスのパスを受けたホセ・ポソがGKティボー・クルトワと1対1となるも、これは決めきれない。

     迎えた22分、左サイドからのクロスに合わせようとしたハビ・ゲラがヘスス・バジェホに倒される。一度は流されたものの、VAR判定でホームチームがPKを獲得。これをアドリアン・エンバルバが落ち着いて決めて先制する。

     チームのここ8ゴールをすべて決めているカリム・ベンゼマを故障で欠くマドリーは、なかなか決定機を作り出せない。

     38分には、そのベンゼマの代役としてCFで先発したマリアーノ・ディアスが抜け出し、ループシュートでネットを揺らすも、オフサイドで取り消しとなる。
     
     後半も守りに入らず、アグレッシブなサッカーを展開するラージョは56分、ベベが得意のミドルでゴールを脅かす。クルトワのセーブに阻まれたものの、会場を盛り上げる。

     その後もマドリーに攻撃の形を作らせず、ピンチといえば69分にガレス・ベイルが蹴ったFKぐらいだった。

     結局、虎の子の1点を守りきったラージョが1-0で勝利。降格回避に望みを繋げる勝点3を挙げ、残留争いはますます混沌した状況となった。

     一方、主砲の不在が響いたマドリーは精彩を欠き、2試合連続のノーゴールに終わっている。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190429-00057854-sdigestw-socc

    【【悲報】レアル・マドリーが最下位ラージョにまさかの完封負け!】の続きを読む

    IMG_1481

    1: Egg ★ 2019/04/28(日) 23:28:43.74 ID:GsyF3Ksl9
    マンチェスター・ユナイテッドに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェス(30)の契約内容が明らかになった。
    暴露サイト『フットボール・リークス』の情報をもとに英『デイリー・メール』が伝えている。

    2018年1月にMFヘンリク・ムヒタリアンとのトレードでアーセナルからサンチェスに加入したサンチェス。
    クラブ伝統の背番号7を託され、活躍が期待されたが、ここまで公式戦43試合5ゴール9アシストにとどまり、今夏の売却が盛んに報じされている。

    報道によると、サンチェスの週給は39万1000ポンド(約5635万円)で、契約金は年間110万ポンド(約1億5854万円)。
    ボーナスとして1シーズンで40ゴールか40アシスト達成時に200万ポンド(約2億8856万円)、1試合先発につき7万5000ポンド(約1081万円)が支払われる。

    さらにユナイテッドのUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)優勝で100万ポンド(約1億4413万円)、プレミアリーグ優勝で50万ポンド(約7206万円)のボーナスを受け取る。

    これをもとに計算すると、サンチェスは加入から65週間の週給(2541万5000ポンド)、30試合の先発ボーナス(225万ポンド)、
    年間契約金2年分(220万ポンド)、総額にして2986万5000ポンド(約43億438万円)もの大金を得たことになる。

    4/28(日) 21:09配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190428-43466440-gekisaka-socc

    【マンUのサンチェスとかいう給料泥棒wwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ