2019年07月

    IMG_2441

    1: 久太郎 ★ 2019/07/31(水) 02:53:40.85 ID:4w1DDib79
    現地時間30日、アウディカップが行われ、久保建英の所属するレアル・マドリーはトッテナムと対戦した。

    毎年、バイエルンの本拠地アリアンツアレーナで行われているプレシーズンタイトル「アウディカップ」。今年はバイエルン、レアル・マドリー、トッテナム、フェネルバフチェの4クラブがトーナメント方式で争うこととなった。

    同じプレシーズンタイトルのインターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)でライバルのアトレティコ・マドリー相手に衝撃の7失点大敗を喫したレアルは、エデン・アザール、ルカ・モドリッチ、トニ・クロースらが先発。久保建英はイスコやヴィニシウスらとともにベンチからのスタートとなった。

    これまでのプレシーズンマッチ同様、体が重そうなアザールはチェルシー時代に見せていたキレのあるドリブルが鳴りを潜め、カリム・ベンゼマとのコンビネーションも今一つ。久保と同い年のロドリゴが物怖じしないプレーで果敢にチャレンジしていたのとは対照的に映った。

    攻守においてどこかちぐはぐなマドリーに対し、ハリー・ケイン、クリスティアン・エリクセン、ソン・フンミンらが顔を揃えたトッテナムは守から攻への切り替えが速く、スピード感のある攻撃でマドリーゴールへと迫る。

    迎えた22分、サイドチェンジのミスに反応したマルセロがタッチラインぎりぎりのところで間に合って残すが、残したボールがケインへの絶好のラストパスとなってしまい、GKケイラー・ナバスとの1対1をケインが沈めてトッテナムが先制する。

    1点を追う展開となったマドリーのチャンスは27分、右サイドを抜けたモドリッチの折り返しをベンゼマがフリーで合わせる。しかし、これの絶好機をゴール右へと外してしまう。

    30分には、カウンターからDFに囲まれながらもボールをキープしたエリック・ラメラの浮き球パスに、ケインが抜け出す。しかし、ペナルティーエリア内左からのシュートはGKナバスが触ってゴール右へと外れる。

    後半、1点リードのトッテナムはハーフタイムで一気に9人を交代。エリクセン、タンギ・エンドンベレらに代わり、デレ・アリ、ルーカス・モウラ、ウーゴ・ロリスらを投入した。

    58分、ペナルティーエリア手前左からカットインしたソン・フンミンの左足シュートが枠を捉えるが、ここはGKナバスがファインセーブで切り抜ける。さらに62分には、ルーカスの浮き球パスに抜け出したデレ・アリのダイレクトボレーはGKナバスが再び立ちはだかる。

    追いつきたいマドリーは64分に選手交代。クロース、ルーカス・バスケス、ラファエル・ヴァランを下げ、ナチョ、フェデリコ・バルベルデ、ヴィニシウスを投入する。迎えた75分、マルセロの左アーリークロスを、ファーサイドのロドリゴが合わせてネットを揺らす。しかし、これはわずかにオフサイドの判定によりノーゴールとなった。

    80分、モドリッチ、アザール、ベンゼマ、マルセロら6人を下げ、久保、イスコらを投入。若手主体となったマドリーの中で。久保は右のインサイドハーフとして起用された。84分には、アトレティコ戦を髣髴とさせるような強烈なミドルシュートを放った久保は、86分にもペナルティーエリア手前からボレーを放つが、右足でのボレーはゴール右へと外れてしまう。87分にも右サイドから強引にカットインして左足を振り抜くと、強烈なシュートが対峙していたDFの顔面に当たってしまう。

    ゴールへの強い意欲を見せた久保だが、最後までトッテナムゴールを陥れることは叶わず。勝利したトッテナムはバイエルン対フェネルバフチェの勝者と決勝を、敗れたレアル・マドリーは敗者と3位決定戦を行う。

    ■試合結果
    レアル 0-1 トッテナム

    ■得点者
    レアル:なし
    トッテナム:ケイン(22分)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190731-00010000-goal-socc

    【【悲報】レアル、トッテナムに負ける、久保くんは残り10分だけ出場・・・】の続きを読む

    IMG_2413

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/07/30(火) 14:37:07.57 ID:CAP_USER
    親善試合にロナウド欠場 刑事告発や訴訟の動きも 波紋広がる


    イタリア・ユベントスが今月26日にソウルでKリーグオールスターと親善試合を行った際、主力のロナウド選手が出場しなかったことで、
    韓国プロサッカー連盟がユベントスに抗議文を送り、弁護士が主催者とユベントスを告発するなど波紋が広がっています。

    Kリーグオールスターは26日、ソウルワールドカップ競技場でユベントスを招いて親善試合を行いましたが、
    ロナウド選手はベンチに座ったままで1秒もプレーしませんでした。

    韓国プロサッカー連盟は30日、ユベントスに抗議文を送りました。

    ユベントスが試合開始に1時間近く遅刻しただけでなく、当日になって試合時間を
    「前半、後半40分ずつ、ハーフタイム10分」に縮めてほしいと無理な要求をし、
    受け入れなければ違約金を払って試合を取りやめるという「脅し」に近い提案をしたためです。

    また韓国プロサッカー連盟は主催者の「ザ・フェスタ」に対して、契約不履行による違約金を請求するため、算定作業に入りました。

    これとは別に、検事出身の弁護士1人は29日、ソウル地方警察庁に「ザ・フェスタ」とユベントスを詐欺容疑で告発しました。
    告発状には、「被害者らは、ロナウド選手が45分以上プレーするという広告を信じて高価なチケットを購入した。
    『ザ・フェスタ』とユベントスは60億ウォン相当の金額をだまし取った。
    ロナウド選手が45分間プレーする意向がないことをすでに知っていたはずだ」という内容が盛り込まれました。

    このほかに、試合を観に来たファンらによる集団訴訟の準備も進められています。
    http://world.kbs.co.kr/service/news_view.htm?lang=j&Seq_Code=72853

    【韓国さん、ロナウド欠場でユベントスを訴えるwwwwww】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/07/30(火) 20:12:32.73 ID:QKm5bTW39
     元ブラジル代表MFのロナウジーニョ氏が脱税により950万レアル(約2億8000万円)の借金があり、57の所有資産が取引不能の状態となり、うち4つは差し押さえ処分となっているという。

     サンパウロの地元一般紙によると、ロナウジーニョ氏はパスポートの没収処分も受けており、ブラジル国内から出ることができない状態だという。

    7/30(火) 18:08配信 デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-00000109-dal-socc

    写真
    no title

    【【悲報】ロナウジーニョの現在・・・】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/07/30(火) 22:12:09.48 ID:y6W62klm9
    7/30(火) 21:58配信
    岡崎慎司のマラガ移籍がついに正式決定! 初の2部挑戦も「ずっとスペインでやりたかった」と意気込む
    「カテゴリーは関係ない」とやる気をみなぎらせる

     ベテランの去就がついに決着した。現地時間7月30日、ラ・リーガ2部のマラガが、日本代表FW岡崎慎司の獲得を正式に発表した。


     現在33歳の岡崎は、2018-19シーズン限りで、15年8月から在籍したレスターを契約満了により退団。以降は、本人が希望する欧州で新天地を模索していた。主な移籍先候補には、イングランドの2部に属するノッティンガム・フォレストや長友佑都がプレーしているトルコのクラブなどが挙がっていたが、マラガ行きが急転直下で決定した。

     マラガは、現在はスペイン2部だが、2012-13シーズンにチャンピオンズ・リーグでベスト8進出を果たしたこともあるアンダルシアの有力のクラブのひとつ。1年での1部復帰を目指した昨シーズンは、2部リーグで3位となって、昇格プレーオフで敗退。迎えた新シーズンに再昇格をするため、このオフシーズンは経験豊富な新戦力の獲得を目指していた。
     

     今月26日からクラブの練習に参加しながらも、クラブの抱えていた経済面での問題が解消されずにサインに至っていなかった岡崎。それでも辛抱強く待ち続けてようやく合意にこぎ着けた。

     現地時間7月25日にメディカルチェックを済ませるためにマラガ空港に登場した際には、『Deportes Cope』など地元メディアの直撃取材に対し、「ずっとスペインでプレーしたいと思っていた。いまは2部だけど、カテゴリーは関係ない」と力強い意気込みを口にしていた。

     自身の選手キャリアで初の2部リーグの舞台で岡崎はいかなるパフォーマンスを見せるのか。いずれにしても、熟練の点取り屋のゴールを期待したいところだ。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190730-00061914-sdigestw-socc
    no title

    【【朗報】岡崎慎司がスペイン2部・マラガに移籍! 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/07/29(月) 00:11:39.25 ID:dBDXfRu59
    写真
    no title


    レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルの中国移籍の話は、どうやら白紙となったようだ。英公共放送「BBC」は「レアル・マドリードが取引を中止した」とし、公式ツイッターでは「レアル・マドリードに残留する」と報じた。

     ベイルはジネディーヌ・ジダン監督の構想外だとされ、チームが3億ユーロ(約363億円)の大型補強を進めるなかで、今夏の移籍市場での放出は確実と見られていた。欧州クラブでは買い手が見つからなかったが、中国1部の江蘇蘇寧が週給100万ポンド(約1億3400万円)の待遇でオファーし、移籍に近づいていると報道されていた。

     しかし、どうやら中国行きの噂は破談となったようだ。また、イタリアメディアでは、蘇寧グループが実質的なオーナー企業でもあるインテルが江蘇蘇寧経由でのレンタルでベイル獲得を目指すとの仰天プランも報じられていたが、「BBC」公式ツイッターはレアル・マドリード残留に向かっていると伝えている。

     ベイルの中国移籍が決まれば、サッカー史に残るようなビッグディールとなっていたが、どうやらそれも夢物語に終わるようだ。

    7/29(月) 0:00配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190729-00206884-soccermzw-socc

    【結局、ベイルはレアル残留な模様wwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ