クリスティアーノ・ロナウド

    1: Egg ★ 2018/08/31(金) 17:59:58.09 ID:CAP_USER9
    UEFAは8月30日、レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFのルカ・モドリッチが、2017-18シーズンの最優秀選手に選出されたことを明らかにした。

     UEFAの最優秀選手は、昨シーズンのチャンピオンズ・リーグ(CL)とヨーロッパリーグに出場したクラブの指揮官80名と、「欧州スポーツメディア」が選出する55名の記者の投票で決まる。

     すでに発表されていた最終ノミネートでは、モドリッチのほか、同じくマドリーのCL3連覇に貢献したクリスチアーノ・ロナウドや、CL決勝でマドリーと対戦したリバプールのモハメド・サラーの名前が挙がっていた。

     UEFAの発表によれば、モドリッチは313ポイントを獲得。223ポイントだったC・ロナウドに90ポイントもの差をつけての受賞となった。C・ロナウドは3年連続4回目の受賞を元チームメイトに阻まれる形となった。
     
     この投票結果に怒りを露にしたのが、C・ロナウドの代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏だった。英国衛星放送『Sky Sports』によると、メンデス氏はポルトガル『Record』で「サッカーはピッチ上でするものであり、そこでクリスチアーノは勝った」と述べた。

    「彼は15ゴールを決め、マドリーを背負い、再びCLを制覇した。バカげている。恥ずべきだ。勝者がだれかは疑いようもない。クリスチアーノは彼のポジションでベストの選手だからね」

     CLグループステージの組み合わせ抽選会も兼ねていたこの日の授賞式には、C・ロナウドも招待されていたが、この夏ユベントスに移籍したCR7は姿を現わさなかった。

     イタリア衛星放送『Sky Sport』によると、ユベントスのジュゼッペ・マロッタCEOは「来なかったのはC・ロナウドの個人的な判断だ。我々はそれを尊重したい」と明かしている。

    「我々はこの決定(モドリッチ受賞)をとても残念に思っている。これはCLに関する賞で、ワールドカップではないからだ。昨シーズンのCLで最も感動を与え、素晴らしいゴールを決めたのは、C・ロナウドだったと思う。私ならC・ロナウドに投票していた。サッカーファンとしての意見だ」

    「C・ロナウドが欠席したのは、個人的なプライベートの選択であり、ユベントスとはまったく関係ないし、尊重されるべきだ」

     かつての仲間に「ベストプレーヤー」の座を奪われたC・ロナウドは、ユベントスを悲願の欧州制覇に導き、ふたたびその称号を取り戻すことができるだろうか。

    8/31(金) 17:14配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180831-00046549-sdigestw-socc

    写真
    no title

    【C・ロナウド代理人、欧州最優秀選手に選ばれたのがモドリッチで大激怒!】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/08/29(水) 01:34:12.04 ID:CAP_USER9
    8/28(火) 23:29配信
    UEFAが年間ベストゴールを発表! 1位はC・ロナウドのオーバーヘッドに

     欧州サッカー連盟(UEFA)は27日、2017-18シーズンのファン投票による年間ベストゴールを発表した。

     受賞の対象となるのは過去12カ月間のUEFA主催の大会で記録されたゴール。クラブチームおよび代表チーム、女子チームやユースチームなどを含めた11の大会から、それぞれ1ゴールが候補として選出されている。

     総数34万6915票のうち半数以上の19万7496票を獲得し、圧倒的な1位に輝いたのは、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ファーストレグの現在所属するユヴェントスとの対戦で、当時レアル・マドリードに所属していたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが見せた華麗なオーバーヘッド・シュート。UEFAのテクニカル・オブザーバーは「素晴らしいテクニックと熱を見せた」とコメントを寄せている。

     2位には3万5558票を獲得したマルセイユのフランス代表MFディミトリ・パイェのゴールがランクイン。ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝セカンドレグでライプツィヒ戦で、ペナルティエリア手前から左足の強烈なミドルシュートを突き刺した。

     2万3315票を獲得し3位にランクインしたのは、UEFA U-17女子選手権決勝でみせたスペイン代表MFエヴァ・ナヴァッロのゴール。ドリブルでペナルティエリアに侵入し、2人交わすと左足を振りぬき鮮やかなゴールを決めた。

     なお、2017はユヴェントスの元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチが、2015、16年はアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが受賞している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00821285-soccerk-socc
    no title

    【UEFA年間ベストゴールはC・ロナウドのオーバーヘッドに! アレは凄かった!】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/08/27(月) 07:07:14.19 ID:CAP_USER9
    8/27(月) 7:06配信
    ベンゼマ2発にベイル9秒カウンター!! 先制されたR・マドリーが開幕2連勝

    [8.26 リーガ・エスパニョーラ第2節 ジローナ1-4R・マドリー]

     リーガ・エスパニョーラは26日、第2節3日目を各地で行い、レアル・マドリーは敵地でジローナと対戦した。マンツーマン気味の布陣で真っ向勝負をしかけてきた相手に対し、先制点を奪われる苦しい展開となったが、PK2本などで4点を奪取。4-1で勝利し、開幕2連勝を果たした。

     開幕節のヘタフェ戦に2-0で勝利したR・マドリーは4-2-3-1のフォーメーションを採用。先発1人を変更し、MFダニ・セバジョスに代わってMFカゼミーロが入った。対するジローナは中盤が人についていく4-2-3-1。18歳のDFペドロ・ポロらがスタメンに並んだ。

     先にスコアを動かしたのはジローナだった。前半17分、GKヤシン・ブヌのロングキックをFWアントニー・ロサノが落とし、ポロとのワンツーで一気に前へ。PA右寄りからのシュートはDFダニエル・カルバハルにブロックされたが、こぼれ球をMFホルヘ・ガルシアが豪快に蹴り込んだ。

     その後も中盤中央のMFアレックス・グラネルが流動的なポジションを取ったジローナが主導権を握る。ところが前半38分、R・マドリーは左サイドをFWガレス・ベイルが駆け上がり、MFイスコのシュートはGKに阻まれたが、こぼれ球を拾ったMFマルコ・アセンシオがPA内で倒されてPKを獲得する。

     キッカーはDFセルヒオ・ラモス。助走中に落ち着いたフェイントを見せて冷静にど真ん中に蹴り込み、前半のうちに同点に追い付いた。後半6分にも再びアセンシオが敵陣深くで倒され、2本目のPKを獲得。これをFWカリム・ベンゼマが右に流し込み、今季初ゴールが貴重な勝ち越し点となった。

     さらにR・マドリーは後半14分、先発を守り続けているGKケイラー・ナバスの遠投をセンターサークル付近で受け取ったイスコが前を向き、最終ライン裏にスルーパスを配給。ここに猛スピードで走り込んだベイルが相手DFを抜き去って左足で流し込み、起点となったGKからわずか9秒間のカウンターで追加点を陥れた。

     R・マドリーは後半15分、DFマルセロに代わってDFラファエル・バランを入れると、同32分にはイスコに代わってMFルカ・モドリッチを投入。そして同35分、右サイドを突破したベイルのクロスにベンゼマが合わせて4点目を奪い、そのまま試合を締めたR・マドリーが4-1で逆転勝利を果たした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-01720319-gekisaka-socc
    no title

    【C・ロナウドいなくても好調!!レアル・マドリーが開幕2連勝 !】の続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2018/08/26(日) 03:03:48.65 ID:CAP_USER9
    現地時間25日、イタリア・セリエAは第2節が行われ、王者ユヴェントスはホームにラツィオを迎えた。

    ユヴェントスのスポンサーを務める日本のゲーム会社「Cygames(サイゲームス)」が初めてマッチスポンサーを務めたことでも注目を集めたこの一戦。クリスティアーノ・ロナウドが2試合連続で先発したユヴェントスは、マリオ・マンジュキッチをトップに起用し、パウロ・ディバラはベンチからのスタートとなった。

    開幕戦でゴールこそなかったものの、積極的にシュートを放ち、惜しいチャンスも作り出していたC・ロナウド。ホームでのデビュー戦となるこの試合でも、立ち上がりからゴールへの積極的な姿勢を見せる。8分、フェデリコ・ベルナルデスキのロングパスから、ゴール前に走りこんだC・ロナウドがヘディング。これは枠に飛ばせなかったが、チームメイトもボールを持つと真っ先にC・ロナウドを意識していることが分かる場面だった。

    一方のラツィオは、奪ってからのカウンターに活路を見出す。11分、高い位置で奪い、ペナルティーエリア手前のセナド・ルリッチがシュートを放つも、GKヴォイチェフ・シュチェスニーがかろうじて触ってゴール左へと外れる。

    19分、レオナルド・ボヌッチからのロングパスをブレーズ・マテュイディが落とし、ゴール前のロナウドが飛び込む。ここはDFが一瞬先に触って逃れるが、ボールが向かった先にいたサミ・ケディラが押し込む。しかし、ここもDFが必死に体を寄せ、シュートは右のポストを叩いた。

    試合が動いたのは30分。C・ロナウドの展開から、右に開いて受けたベルナルデスキのクロスを、ファーサイドのマンジュキッチが頭で落とす。これはクリアされるが、こぼれ球をペナルティーエリア手前のミラレム・ピャニッチがボレーで叩くと、抑えの利いたシュートがゴール右隅へと決まってユヴェントスが先制する。

    追いつきたいラツィオは前半終了際、ゴール前でつないで左サイドからのクロスをルイス・アルベルトが頭で捉えるも、ゴール上へと打ち上げてしまう。

    後半もユヴェントスが主導権を握り、ラツィオがカウンターから少ないチャンスを窺う構図は前半と変わらず。開幕戦では先制後に一度は逆転を許しているユヴェントスだけに、早い時間帯に追加点を奪っておきたいという気持ちがプレーに表れていた。

    追加点が欲しいユヴェントスは60分、フェデリコ・ベルナルデスキに代えてドウグラス・コスタを投入。追いつきたいラツィオも64分にホアキン・コレアとミラン・バデリを投入する。

    69分にピャニッチを下げてエムレ・ジャンを投入したユヴェントスは71分、D・コスタのサイドチェンジから、ペナルティーエリア手前左で受けたC・ロナウドが右足を振り抜く。鋭く落ちるシュートが枠を捉えるが、ここはGKトーマス・ストラコシャがファインセーブでC・ロナウドのセリエA初ゴールを阻止する。

    75分にもC・ロナウドに絶好機。右サイドを抜けたジョアン・カンセロの折り返しに反応するも、上手く合わせることはできず。しかしこれがGKストラコシャのファンブルを誘い、こぼれ球をマンジュキッチが押し込んでユヴェントスが2-0とリードを広げる。

    2点を追いかける形となったラツィオは思うようにカウンターを仕掛けられず、逆にボールを持たされては奪われ、ユヴェントスに狙い通りのカウンターを許す展開となってしまう。

    アディショナルタイムの3分間も含め、最後までラツィオにゴールを許さなかったユヴェントスが開幕2連勝を飾った。今シーズン初の完封勝ちを収めたユヴェントスは次節、敵地でパルマと対戦。C・ロナウドのセリエA初ゴールは生まれるだろうか。

    ■セリエA第2節
    ユヴェントス 2-0 ラツィオ

    ■得点者

    ユヴェントス:ピャニッチ(30分)、マンジュキッチ(75分)

    ラツィオ:なし

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00000031-goal-socc
    no title

    【C・ロナウド,セリエA2試合連続ノーゴール そろそろゴール見たい・・・】の続きを読む

    1: 首しめ坂 ★ 2018/08/22(水) 19:06:44.34 ID:CAP_USER9
    C・ロナウドが『DAZN』のグローバル・アンバサダーに就任!「挑戦に参加することは魅力的」
    8/22(水) 16:03配信
    GOAL

    ロナウドがグローバル・アンバサダーに就任 (C)DAZN
    no title


    今夏ユヴェントスに電撃加入したFWクリスティアーノ・ロナウドが、スポーツのライブストリーミングサービス
    『DAZN(ダゾーン)』のグローバル・アンバサダーに就任したことが、22日に発表された。

    先日、日本やドイツ、カナダに続きイタリアでもサービスを開始することを発表したDAZN。
    ラ・リーガ、リーグ・アンの全試合の独占配信や、セリエA114試合、セリエB全462試合の放送を行うことを明かしている。

    いよいよイタリアでもサービスを開始するDAZNだが、同国最高峰の舞台で新たな挑戦を始める世界最高の選手がアンバサダーに就任することとなった。
    ロナウドは就任を大きな挑戦と見ているようだ。

    「世界は常に変化しており、DAZNは革新的な取り組みによって、スポーツファンの壁を取り除いています。
    そのおかげで私たちは、いつでもどこでもスポーツを観ることができるようになりました。
    こうしたDAZNの挑戦に参加することは、大変意義深く魅力的な挑戦です」

    また、DAZNのCEOを務めるジェームズ・ラシュトン氏も世界最高のスターとともに仕事ができることに関してこのように述べた。

    「今DAZNは非常にエキサイティングな時期を迎えています。ビジネスが世界的に成長し、新たな挑戦のステージに立とうとしている中、
    同じく常に挑戦し続けるスーパースターと協力していくのは非常に重要なことです。
    クリスティアーノ・ロナウド選手はファンに愛されるレジェンドであり、彼自身が熱心なスポーツファンでもあるので、DAZNを代表するアンバサダーには最適任と考えました」

    なお、DAZNではC・ロナウドの特別コンテンツとして、独占インタビュー、ゴール集などが公開予定。ソーシャルメディア上ではビデオメッセージも予定されている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00000012-goal-socc

    【C・ロナウドが「DAZN」のグローバル・アンバサダーに就任!】の続きを読む

    このページのトップヘ