クリスティアーノ・ロナウド

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/09/16(日) 23:23:45.67 ID:CAP_USER9
    [9.16 セリエA第4節 ユベントス-サッスオーロ]

    ユベントスは16日に第4節でサッスオーロと対戦。FWクリスティアーノ・ロナウドは後半5分に先制点を挙げ、今夏加入から初ゴールを決めた。

    C・ロナウドは開幕3試合でフル出場も無得点。第4節では4-3-3の左FWとして先発出場し、前半からチャンスをつくっていた。
    するとユベントスは後半5分、右CKからサッスオーロのDFジャン・マルコ・フェラーリが頭でクリアしてポストを叩くと、C・ロナウドが素早く詰めてゴールに押し込んだ。

    新天地で初ゴールを決めたC・ロナウドは、トップリーグでのキャリア通算399ゴール目を達成している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180916-01896294-gekisaka-socc
    9/16(日) 23:20配信

    https://www.youtube.com/watch?v=I9lHPbkk2NA


    Cristiano Ronaldo First Goal For Juventus Vs Sаssuоlо

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2018/ita/ita-11163285.html
    試合スコア
    no title

    【【朗報】C・ロナウド、ユベントス初ゴール!!】の続きを読む

    1: Egg ★ 2018/09/14(金) 00:00:39.52 ID:CAP_USER9
    パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペは、次期世界ナンバーワン・フットボーラーの本命だ。スペイン『マルカ』が、バルセロナのFWリオネル・メッシ、ユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドの19歳のときの得点数と比較した。

     ムバッペは、すでに輝かしい結果を残している。モナコでプロデビューを飾ってすぐに注目を集めると、2017年にパリ・サンジェルマンへ移籍。ネイマール、エディンソン・カバーニという大物と並んでピッチに立ち、結果を残してきた。そして、この夏にはフランス代表としてロシアワールドカップに出場。優勝に貢献している。

     そのムバッペは、まだ19歳。この年齢のときは、メッシもC・ロナウドもこれほどの功績は残していなかった。

     所属クラブでのゴールは、19歳のメッシが25得点。C・ロナウドが17得点。これに対してムバッペはすでに52得点を挙げている。

     チャンピオンズリーグでの得点数もムバッペが圧倒している。メッシが2得点でC・ロナウドは得点なし。ムバッペはすでに10得点を記録した。

     代表での得点数も二大スターを上回っており、ここまで9得点。こちらはC・ロナウドが7得点、メッシが4得点だ。

     メッシやC・ロナウドと同じようなキャリアを歩むのは困難だが、ムバッペへの期待はますます高まっている。

    9/13(木) 17:25 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180913-00289313-footballc-socc

    写真
    no title

    【ムバッペはメッシとC・ロナウドを超える存在になれるのか?】の続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2018/09/13(木) 01:53:43.95 ID:CAP_USER9
    この10年ほどサッカー界に君臨してきたリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドの2大巨頭。

    カルロス・テベスは2人とともにプレーした経験を持つ選手だ。

    『ESPN』によれば、テベスはメッシとロナウドの違いについてこう語ったという。

    カルロス・テベス

    「いつも言ってるけど、メッシがジムにいるの見たことは一度もない。

    彼がボールを置き、そういったエクササイズをするのを見たことはない。

    彼にとってそれが自然なことなのさ。

    以前はフリーキックを蹴らなかったけれど、今ではトップコーナーに叩き込む。

    それは彼が練習したからだよ」


    「クリスティアーノについては、女性たちも分かってることだろうけど、ジムで一日中過ごしていたよ!(笑)。

    彼はそれに取りつかれていて、ジムで一日中過ごす。全てで最上を目指す。

    練習が朝9時開始だとして、8時に行くとやつはもう来てるはずさ!7時30分に行っても、すでにいるだろう!

    クソ、いつならいないんだよって感じだったね。

    ある日、俺は朝6時に行った。そしたら、やつはいたんだ!もう勘弁してくれ、兄弟!」

    https://qoly.jp/2018/09/12/tevez-on-messi-and-ronaldo-iks-1?part=1
    https://qoly.jp/2018/09/12/tevez-on-messi-and-ronaldo-iks-1?part=2
    no title

    【メッシとロナウドの練習の違いwwwwwww】の続きを読む

    1: Egg ★ 2018/09/11(火) 05:58:00.29 ID:CAP_USER9
    【ポルトガル 1-0 イタリア UEFAネーションズリーグ リーグAグループ3第2節】
     
     現地時間10日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグAグループ3第2節のポルトガル対イタリアは、ホームのポルトガルが1-0で勝利した。

     ポルトガルは試合開始から前線からの積極的なプレスでイタリアに組み立てをさせない。またボールを取ってから素早いタッチでシュートまで持ち込むポルトガルは27分、ベルナルド・シウバ、32分はマリオ・ルイそして35分にはカルバーリョが立て続けにシュートを打つもイタリアDFの身体を張った守備もあり得点は奪えず。

     そんななかで迎えた48分、ポルトガルは相手陣地でボールを奪うとアンドレ・シウバがペナルティーエリア内でボールを受け左足でシュート、これがゴール左下に決まる。勢いに乗るポルトガルは68分にはピッツィがペナルティーエリア内でフリーの状態から左足でシュートを打つもこれはGKに止められる。同点に追いつきたいイタリアも選手を入れ替え流れを変えようと試みるもポルトガルの堅い守備陣の前に大きなチャンスを作れない。

     このまま試合は終了、1-0でポルトガルが勝利した。

    【得点者】
    48分 1-0 アンドレ・シウバ(ポルトガル)

    9/11(火) 5:39配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180911-00288905-footballc-socc

    写真
    no title


    ゲキサカ
    https://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?253320-253320-fl

    【C・ロナウド抜きのポルトガルにイタリア1-0で敗北】の続きを読む

    1: 数の子 ★ 2018/09/10(月) 14:41:07.25 ID:CAP_USER9
    元ドイツ代表GKでバイエルンOBのオリバー・カーン氏が、ドイツ・ブンデスリーガの国際的な競争力の低下を憂いている。その理由の一つはブンデスリーガのクラブがビッグネーム獲得に動かないことのようだ。カーン氏はドイツ誌「シュポルト・ビルト」に対して、「クリスティアーノ・ロナウドを獲っていれば、ブンデスリーガにとって画期的な出来事になったのに」と語っている。

     カーン氏はブンデスリーガのクラブについて「競技面で、昨季は国際レベルの成功を収められなかった」と指摘。さらにサッカー界の現状について次のように分析している。

    「トップスターはスペイン、イングランドでプレーしており、いまやロナウドはイタリアにいる。国外では、ファンはとりわけ絶対的なスーパースターに関心を抱いている」

     さらにカーン氏は「ブンデスリーガのクラブは将来的にトッププレーヤーを獲得することが難しくなるだろう。欧州のビッグリーグには、経済的な理由からビッグネームの放出を余儀なくされるクラブはもうほとんどない」と言及。ドイツ勢はこれまで以上に育成事業に頼らざるを得ないという現状を説明した。しかし、長期的に見ればそれだけでやっていくわけにはいかないと言うのがカーン氏の見解だ。

     さらに同氏が残念と語るのは、バイエルンのようなビッグクラブがロナウドに関心すら示さなかったことだ。

     今夏のバイエルンはフリートランスファーでシャルケからドイツ代表MFレオン・ゴレツカを獲得し、ホッフェンハイムからレンタルバックでドイツ人FWセルジュ・ニャブリが復帰。しかし、地味な補強という印象は拭えず、イタリアの名門ユベントスは移籍金1億1200万ユーロ(約144億円)でレアル・マドリードからロナウドを獲得している。カーン氏はロナウドの移籍についても持論を展開した。

    C・ロナウドの計り知れない影響 カーン氏「私だったら、ああいう移籍こそ…」

    「私だったら、ああいう移籍こそブンデスリーガにとって非常に重要だと考えただろう。あのクラスの選手なら、ブンデスリーガの魅力を強調してくれるし、彼にとっても面白いリーグなのだとアピールしてくれるだろう」

     カーン氏は、もしブンデスリーガがロナウド獲得に成功していれば、その影響は計り知れなかったと主張している。

    「ロナウドのような選手なら、チーム全選手のレベルを引き上げてくれる。ロナウドを獲っていれば、ブンデスリーガにとって画期的な出来事だったのに」

     カーン氏はブンデスリーガの未来を懸念しているが、果たして再びサッカー界で存在感を放つリーグとなるだろうか。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180910-00134394-soccermzw-socc
    no title

    【元独代表レジェンドがブンデスリーガの未来を悲観 「C・ロナウドを獲っていれば…」 】の続きを読む

    このページのトップヘ