リーガ・エスパニョーラ

    1: ゴアマガラ ★ 2019/09/14(土) 06:01:17.28 ID:cC7+UANH9
    13日のリーガ・エスパニョーラ第4節、マジョルカは本拠地ソン・モイスでのアスレティック・ビルバオ戦をスコアレスドローで終えた。
    日本代表FW久保建英は2戦連続で途中出場を果たし、PKを奪取するなど存在感を発揮している。

    バスクの雄アスレティックをホームに迎えたマジョルカ。ビセンテ・モレノ監督はやはり日本代表に参加していた疲労を考慮してか久保をベンチスタートとしてこの試合に臨んだ。
    前半はどちらも手堅いプレーを見せて、主要なチャンスはセットプレーから生じるのみで、マジョルカはサルバ・セビージャの放ったフリーキックが惜しくもGKシモンに阻まれた。

    するとハーフタイム、ソン・モイスの観客は久保の名前を連呼。2試合連続でベンチスタートとなった日本代表FWが、停滞する試合を打開することを願った。
    モレノ監督は観客の要望を受けたわけではないだろうが、その久保にウォームアップを命じている。

    後半もどちらもチャンスを決め切れず、スコアレスのまま時間は経過。そしてモレノ監督はついに久保を呼び寄せ、63分にダニ・ロドリゲスとの交代でピッチに立たせた。
    久保は4-4-1-1のシステムで、D・ロドリゲスがプレーしていた右サイドにそのまま入っている。

    久保は守備では右サイドで対面するアスレティックの左SBユリの動き出しに気を配り、攻撃では中央や左サイドとポジションを変えながらボールに絡もうとする。
    が、攻撃面での連携不足はいまだ改善されておらず、パスを思うように受けることはできない。70分過ぎにはペナルティーエリア内右に入り込みボールを折り返したものの、誰も走り込めなかった。

    だがしかし、やはり個人技はリーガ1部でも別格だ。80分、マジョルカは久保を起点に先制のチャンスを得る。相手ペナルティーエリア内右でボールを持ってユリと対峙した久保は、
    右足でボールを蹴り出して縦への突破を図り、この一瞬の加速に対応し切れなかったユリに足をかけられて転倒。これがPKの判定となった。
    しかしPKキッカーのアブドン・プラッツが蹴ったシュートは枠の右に外れてしまい、マジョルカは千載一遇のチャンスを逃した。

    先制の機会を逃したマジョルカは終盤、地力で勝るアスレティックに押し込まれ、アディショナルタイムにペナルティーエリア内でババがハンドを犯したことでPKを譲渡。
    しかし元マジョルカのアドゥリスもこれを決め切ることができず、結局試合はスコアレスで終了している。マジョルカは第4節までの成績を1勝1分け2敗として暫定で14位に位置している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190914-00010003-goal-socc

    【【悲報】途中出場した久保建英、PK獲得も仲間が外す…マジョルカがビルバオとドロー】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/09/09(月) 19:15:47.89 ID:e3DB/vrO9
    バルセロナのロッカールーム内に問題が浮上しているようだ。エースのFWリオネル・メッシに対し、3選手が会話を拒否しているとスペイン『ドン・バロン』が報じている。

     原因となったのはFWネイマールの移籍交渉だという。バルセロナはパリSG退団を希望するブラジル代表FWに手を差し伸べ、今夏の復帰実現に向けて積極的に動いていた。

     一時は2億ユーロ(約236億円)の移籍金に加え、DFサムエル・ウムティティ、MFイバン・ラキティッチ、FWウスマン・デンベレを1年間レンタルさせることで合意に達したと報道されたが、最終的に契約には至らず。3選手の中で誰もパリSG行きを望んでいなかったようだ。

     そして移籍市場の閉幕後に残ったのは、3選手のバルセロナに対する不満だった。同紙によると、3選手は今回の移籍交渉でクラブに裏切られたと感じ、特にネイマール復帰を熱望していたとされるメッシには不快感を覚えているという。

     リーガ・エスパニョーラ第3節終了時点で1勝1分1敗(勝ち点4)の8位と、ただでさえ波に乗り切れていないバルセロナ。同紙はロッカールーム内の平穏を取り戻すため、メッシがチームメイトを軽視したことを謝罪しなければならないと指摘している。

    9/9(月) 18:52配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190909-43471480-gekisaka-socc

    写真no title

    【【悲報】バルサ、ロッカールーム内に問題が浮上!3選手がメッシとの会話を拒否】の続きを読む

    IMG_3700

    1: 久太郎 ★ 2019/09/06(金) 13:37:08.59 ID:VgMJWUsd9
     レアル・マドリーに所属するMFガレス・ベイルはウェールズ代表として6日のアゼルバイジャン戦に出場する可能性が高い。前日会見に出席したベイルは趣味のゴルフに関する質問に答えた。スペイン『マルカ』が伝えている。

     ベイルは今夏、ジネディーヌ・ジダン監督の構想外と考えられ、退団が濃厚になっていた。一時は中国移籍に近づいていたが、最終的に交渉がまとまらず、レアル残留が決定。現在は負傷者続出により開幕から出場機会を得ており、リーガ・エスパニョーラ全3試合に出場で2ゴール1アシストと好調ぶりを見せている。

     とはいえ、特に8月頭、アウディカップに招集されなかったベイルは試合を見ず、趣味のゴルフに興じていたという報道もあった。ベイルは100%サッカーに集中していないのではないかという議論もあり、レアル側はベイルを切りたがっていたという。

     GKティボ・クルトワが、チームから浮いているベイルを同僚は内輪で「ゴルファー」と呼んでいると明かしていた。ベイルはその噂を否定したいようだ。「ゴルファー」と揶揄されたニックネームについて質問されると、「僕はゴルファーだ」と冗談交じりに返答した。

    「クルトワとはその件について話をしたが、彼はただの冗談だと言っていた。周囲の人々が文脈を無視して、そこだけを切り取ったんだ。だけど正直に言えば、あのニックネームについては気に入っているよ」

    「言うまでもなく、サッカーこそが僕の最大の情熱だ。ゴルフはただの趣味にすぎない。他の人たちも持っているような趣味だよ。ゴルフをするのは何も悪いことじゃない。人々が大げさに話しているだけだ」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-43471349-gekisaka-socc

    【クルトワに「ゴルファー」と呼ばれたベイル「そのあだ名は気に入っているよ」】の続きを読む

    IMG_3643

    【ついにナバスがレアル・マドリードを去る!アレオラとトレード・・・】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/09/02(月) 05:57:51.04 ID:S9HJEiOf9
    9/2(月) 5:54配信
    ベイルが2ゴールも退場処分…レアル・マドリー、ビジャレアルに辛くも追いつき2試合連続ドロー

    リーガ・エスパニョーラは1日に第3節が行われ、ビジャレアルとレアル・マドリーが対戦した。

    開幕戦は勝利を挙げたものの、前節ホーム開幕戦でバジャドリー相手にまさかの1-1ドローに終わったレアル・マドリー。批判を浴びる中で負傷者が続出するなど、ジダン監督にとって難しい時間が続く中、白星を取り戻すために敵地でビジャレアルとの一戦に臨んだ。

    この一戦では、今夏退団濃厚と思われながらも、残留したベイルが3試合連続のスタメン入り。新加入FWヨヴィッチ、DFメンディも先発に名を連ねたが、復帰が噂されたアザールはこの試合でもベンチ外に。またモドリッチがベンチスタートとなった。

    試合は序盤に動く。12分、ビジャレアルはモレノが先制点を記録。レアル・マドリーは出鼻をくじかれる。それでも前半アディショナルタイム、ベイルが同点弾を奪う。

    後半に入ってもなかなかペースを握れないレアル・マドリー。ジダン監督は69分にヨヴィッチを下げてモドリッチ、74分にバスケスに代えてヴィニシウスを投入し、状況の打開を図る。

    しかし74分、ゴメスに勝ち越し弾を奪われる。それでも86分、またも背番号11がチームを救う。右サイドでモドリッチのパスを受けたベイルは、カットインからニアサイドを打ち抜き、この試合2ゴール目を奪った。

    しかし後半アディショナルタイム、ベイルは2枚目のイエローカードで退場に。試合はこのまま終了。ベイルの活躍で追いついたレアル・マドリーだったが、2-2のドローに終わっている。2試合連続の引き分けとなり、3連勝を達成した首位アトレティコ・マドリーに4ポイント差をつけられている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190902-00010009-goal-socc
    no title

    【【朗報】ベイル劇場!!2ゴールにレッドカードでゴルフ休暇を獲得wwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ