ニュース

    IMG_5028

    1: ぜかきゆ ★ 2019/12/03(火) 05:43:51.15 ID:ZJXsLN1s9
     フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は12月2日、2019年のバロンドールを発表し、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが4年ぶりの受賞を果たした。なお、6度目の受賞は歴代最多回数となっている。

    https://twitter.com/francefootball/status/1201599730582720512?s=20

     メッシは昨シーズン、リーガ・エスパニョーラ34試合に出場し36ゴール15アシストを記録。バルセロナのリーガ2連覇に大きく貢献していた。チャンピオンズリーグでも10試合に出場し12得点を挙げる活躍を見せたものの、バルセロナは準決勝で敗退していた。

     昨年はレアル・マドリード所属のクロアチア代表MFルカ・モドリッチがバロンドールを初受賞。それまではメッシとユヴェントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが10年連続で同賞を独占していた。

     “世界一”の選手に贈られるバロンドールは1956年に創設された。2010年にはFIFAとのパートナーシップにより、名称を“FIFAバロンドール”と改めた。しかし、契約満了に伴い2016年から『フランス・フットボール』主催の「バロンドール」が復活していた。

    SOCCER KING 12/3(火) 5:35配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191203-01004961-soccerk-socc
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【メッシが6度目のバロンドール!ファンダイクは惜しくも受賞ならず・・・】の続きを読む

    IMG_4820

    1: 伝説の田中c ★ 2019/11/24(日) 21:40:00.84 ID:xHSiOBkh9
    元オランダ代表MFヴェスレイ・スナイデル氏が、選手時代のフットボールとの向き合い方について話した。

    アヤックスやレアル・マドリー、インテル、ガラタサライなどでプレーしたスナイデル氏は、オランダ代表としても同国史上最多の134試合に出場。2018年からはアル・ガラファに所属し、今年8月に現役引退を発表した。

    そのスナイデル氏は、『Fox Sports』で、「正直に言えば、自分が(フットボールに対して)100%コミットしていれば、(リオネル・)メッシや(クリスティアーノ・)ロナウドと同列で語られる選手になっていただろう」とコメント。フットボールに対する選手時代の姿勢について、以下のように続けた。

    「でも、私はそうしたくなかった。そして、そのことに対する後悔はない。それをやる力が自分になかったわけではないよ。ただ単に、やりたくなかった」

    「クラブレベルではあらゆるトロフィーを獲得できたから、後悔はない。私はチームプレーヤーで、チームとしての成功を求めた。みんなはいまだに、私に対して『2010年のバロンドールは君が獲得するべきだった』と話してくる。でも私はチャンピオンズリーグで優勝することが、個人タイトルよりも素晴らしいものだと考えていると話してきた。でも、そうやって言ってくれる人がいることは嬉しいものだね」

    スナイデルはインテルに所属していた2009-10シーズン、セリエA、コッパ・イタリア、チャンピオンズリーグの三冠を達成し、2010年の南アフリカ・ワールドカップでも母国の準優勝に貢献。バロンドールが期待されていたが、当時の年にバロンドールがFIFA最優秀選手賞と統合されたことで投票方式が変更され、4位に。従来の投票方式だと受賞者になっていたことが話題になった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191121-00010014-goal-socc

    【スナイデル「自分はメッシ&C・ロナウド級の選手になることもできた」】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/10/28(月) 16:44:06.57 ID:H3K8o7aD9
    バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、これまでに見てきた中で最高のストライカーは元ブラジル代表FWロナウドであると語った。スペイン『アス』などが伝えた。

    欧州挑戦1年目の1994-95シーズンにPSVで公式戦35試合33試合の記録を残したロナウド氏は、1996-97シーズンにはバルセロナで公式戦49試合47得点をマーク。圧倒的なスピードと決定力を誇った同氏は、世界最高FWの名を欲しいままにし、その後に度重なる負傷に苦しみながらもインテルやレアル・マドリーで活躍した。

    『TyC Sports』で過去最高のストライカーについて問われたメッシは、「ロナウドはフェノメノン(驚異的)だった。僕がこれまでに見てきた中で最高のストライカーだよ。本当に信じがたい選手だった」と、2002年のワールドカップで得点王となって母国を優勝に導いた怪物を称賛。さらに、前線のパートナーについて、バルセロナの先輩だった元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏の話を交えて以下のように口にした。

    「ロナウジーニョにはとてもお世話になった。16、17歳でバルサのトップチームに入り、ドレッシングルームでは凄い選手たちに囲まれている気分だった。でも彼は、そんな僕が落ち着けるように手助けしてくれたんだ。ピッチ上で僕は常に彼を探していた。多くのシーズンで一緒にプレーできたわけではない。もっと多く時間、ロナウジーニョとプレーしたかったね」

    メッシは2004-05シーズンにバルセロナでトップチームデビュー。当時のエースだったロナウジーニョ氏とは、4シーズンにわたってプレーを共にした

    10/28(月) 15:31配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191028-00010028-goal-socc

    写真
    no title

    【メッシ「史上最高のストライカーはロナウド」】の続きを読む

    no title

    1: 豆次郎 ★ 2019/10/22(火) 06:26:38.50 ID:2zFp4yNP9
    19/10/22 06:21 【海外 一覧】
    昨季のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)王者リバプールから最多7人選出

     フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は21日、2019年バロンドールの候補者30名を発表した。バロンドール授賞式は12月2日にパリで行われる。

     ヨーロッパの年間最優秀選手に贈られるバロンドール。今回発表された候補者に、昨季のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)王者リバプールから最多7人が選出され、2018-19シーズンのUEFA最優秀選手賞を受賞したDFフィルヒル・ファン・ダイク、元アーセナル監督のアーセン・ベンゲル氏が推すFWサディオ・マネ、FWモハメド・サラーらが名を連ねた。

     そのほかに、最多5回の受賞を誇るFWリオネル・メッシ(バルセロナ)とFWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)、MFケビン・デ・ブルイネ(マンチェスター・C)、FWエデン・アザール(R・マドリー)、FWキリアン・ムバッペ(パリSG)らがノミネートしている。

     一方、昨年受賞者のMFルカ・モドリッチ(R・マドリー)、トッテナムの欧州CL準優勝に大きく貢献したFWハリー・ケインとMFクリスティアン・エリクセン、パリSGのFWネイマールは候補者リストに名前がなかった。

     以下、2019年バロンドール候補者30名

    セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
    トレント・アレクサンダー・アーノルド(リバプール)
    アリソン・ベッカー(リバプール)
    ピエール・エメリク・オーバメヤン(アーセナル)
    カリム・ベンゼマ(R・マドリー)

    ベルナルド・シウバ(マンチェスター・C)
    クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)
    ケビン・デ・ブルイネ(マンチェスター・C)
    フレンキー・デ・ヨング(バルセロナ)
    マタイス・デ・リフト(ユベントス)

    ロベルト・フィルミーノ(リバプール)
    アントワーヌ・グリエーズマン(バルセロナ)
    エデン・アザール(R・マドリー)
    ジョアン・フェリックス(A・マドリー)
    カリドゥ・クリバリ(ナポリ)

    ロベルト・レワンドフスキ(バイエルン)
    ウーゴ・ロリス(トッテナム)
    サディオ・マネ(リバプール)
    リヤド・マフレズ(マンチェスター・C)
    マルキーニョス(パリSG)

    キリアン・ムバッペ(パリSG)
    リオネル・メッシ(バルセロナ)
    モハメド・サラー(リバプール)
    ソン・フンミン(トッテナム)
    ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)

    ドゥサン・タディッチ(アヤックス)
    マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)
    ドニー・ファン・デ・ベーク(アヤックス)
    フィルヒル・ファン・ダイク(リバプール)
    ジョルジニオ・ワイナルドゥム(リバプール)

    https://web.gekisaka.jp/news/amp/?288262-288262-fl&288262-288262-fl=&__twitter_impression=true
    https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/289000/288262/news_288262_1.jpg

    【バロンドール候補者30名を公表!モドリッチがいない・・・】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/10/18(金) 08:50:56.59 ID:HcB0FlPR9
    リバプールのセネガル代表FWサディオ・マネは世界的なスター選手でありながら贅沢な生活に興味がなく、自分にとって重要なのは人々を助けることだと告白した。スペイン『アス』が伝えている。

     FWモハメド・サラー、FWロベルト・フィルミーノと強力な3トップを形成し、プレミアリーグ開幕8戦全勝で首位を独走するリバプールをけん引しているマネ。今季リーグ戦でチームトップの5得点を挙げ、公式戦全体では11試合で8ゴール2アシストを記録する活躍を見せている。

     リバプール4年目のシーズンも好調を維持する中、母国セネガルメディアのインタビューに応じたマネは自身のルーツを振り返り、人生で重要なことについて次のように語った。

    「なぜフェラーリ10台、ダイヤモンドの時計20個、飛行機2機が必要なのだろうか? それは世界に何をもたらすのだろうか? 私は空腹で過ごし、畑で仕事をし、裸足でプレーし、学校には行かなかった。現在、私は人々を助けることができる。学校を建て、貧しい人々に食料や衣類を与えることをより好んでいるよ」

     スペイン『アス』はそんなマネに対し、「彼はスポーツメディアではあまり目立たないが、サラーやフィルミーノよりも優れている。このウイングは素晴らしいレベルであり、数か月前のチャンピオンズリーグは言うまでもなく、今季プレーした11試合で8ゴール2アシストを記録していることがそれを証明している」と称賛の言葉を送っている。

    写真no title


    10/18(金) 7:39配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191018-43472872-gekisaka-socc

    【リヴァプールのマネ、贅沢に興味がない「なぜフェラーリ、ダイヤモンドの時計が必要なのか? 」】の続きを読む

    このページのトップヘ