移籍

    1: 伝説の田中c ★ 2019/11/15(金) 21:30:27.80 ID:pQlg0nFG9
     レアル・マドリードは近々、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・エンバペの獲得に動く可能性があるという。12日のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。

     レアル・マドリードは4億ユーロ(約470億円)を準備して、エンバペの獲得を目指すと同紙は報じている。4億ユーロで移籍が成立した場合、移籍金の史上最高額となる。ちなみに、現在の最高額は1億9800万ユーロ(約230億円)で、当時バルセロナに所属していたブラジル代表FWネイマールに対してPSGが2017年に支払っている。

     レアル・マドリードは今夏エンバペの獲得に動いていたと報じられており、依然として同選手に強い興味を抱いていると同紙は予測している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191113-00997745-soccerk-socc

    【レアル、エンバペ獲得に史上最高額の470億wwwwwwww】の続きを読む

    IMG_4677

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/13(水) 20:27:57.51 ID:Rne7VVq89
    トルコ1部リーグ、ガラタサライのDFで日本代表の長友佑都(33)が12日、今季限りで退団する可能性が高まった。
    同日、ファナティックなどトルコ紙が一斉に報じた。今季低迷するチームの若返りを図るため、
    クラブ側は長友の代理人に「契約更新はしない。移籍先を見つけてほしい」と伝えた。

    リーグ3連覇を目指しているガラタサライだが、現在は5勝4分け2敗で6位と不調。欧州チャンピオンズリーグも1分け3敗と1次リーグ敗退が確定した。
    各紙はクラブ側が長友の200万ユーロ(約2億4000万円)という高額な年俸と、今季パフォーマンスがよくないことを契約更新しない理由に挙げているという。

    すでにガラタサライは長友の後釜として、スイス代表でACミラン(イタリア)のリカルド・ロドリゲス(27)の獲得に乗り出している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191113-00010040-chuspo-socc
    11/13(水) 18:50配信

    【【悲報】ガラタサライが長友を放出!】の続きを読む

    IMG_4548

    1: 伝説の田中c ★ 2019/11/08(金) 20:50:19.24 ID:zHGYNNwR9
     スペイン王者バルセロナが、次期エース候補としてアーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンの獲得レースに参加すると、英紙「デイリー・ミラー」が報じている。来年1月にも獲得に動く可能性があるようだ。

     アーセナルがUEFAチャンピオンズリーグ出場から遠ざかっている影響もあり、移籍の可能性が噂されているオーバメヤン。その動向に関心を寄せているのがバルセロナだという。直近の公式戦2試合で1分1敗に終わるなど、このところ不調のバルセロナとしても攻撃陣のテコ入れの必要性が浮かび上がっているようだ。

     スペインテレビ「エル・チリンギート」によれば、オーバメヤンは30歳とベテランの域に達しているが、トップフォームに戻るのに苦しんでいる32歳のウルグアイ代表FWルイス・スアレスにいずれとって代わる存在としてバルセロナが獲得を狙っているという。今夏加入したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンもチームに完全にフィットしているとは言えない状況で、1月の移籍市場で新たに動きを見せる可能性があると指摘されている。

     オーバメヤンはファンへの暴言騒動でキャプテンを剥奪されたスイス代表MFグラニト・ジャカに代わって新キャプテンに任命されたばかりだが、アーセナルは同選手が退団を望む場合には他チームからのオファーを聞き入れる約束になっているという。ブンデスリーガとプレミアリーグの両方で得点王を獲得している韋駄天FWは、CL出場のためにスペインへ渡ることになるのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191108-00227829-soccermzw-socc

    【バルサがスアレスの代わりにオバメヤン獲得を検討!】の続きを読む

    IMG_4501

    1: 伝説の田中c ★ 2019/11/07(木) 23:47:29.04 ID:NLXUWInV9
    リヴァプールが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペの獲得に動く可能性があるようだ。スペイン『ElDesmarque』が報じた。

    19歳にしてワールドカップ優勝を経験し、世界最高の若手と評価されるムバッペ。同選手に関しては、かねてからレアル・マドリーとの関連が広く伝えられている。リーグ・アンよりレベルの高いイングランドやイタリア、スペインのクラブへの移籍が将来的に起こるとみられているムバッペには、そのほかにもマンチェスター・シティやバルセロナ、ユヴェントスも興味をもっているとみられているところだ。

    そんな中、『ElDesmarque』によれば、リヴァプールも獲得レースに参戦する意向だという。昨シーズンに14年ぶりの欧州王者となったリヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、欧州トップレベルを維持するために最高の選手を補強する必要性を感じており、その選手がムバッペであると考えているようだ。

    伝えられるところによれば、ムバッペを獲得するためには、2億5000万ユーロ(約300億円)もの移籍金が必要に。だが、欧州の頂点に立ちながらも今夏に大型補強を行わなかったリヴァプールは、その資金を用意することも可能だとされる。一方で、ムバッペを獲得することになれば、ロベルト・フィルミーノ、モハメド・サラー、サディオ・マネの“トリデンテ”のうちの一人を売却することを念頭に置く必要性があるとのことだ。

    なお、仮にムバッペが伝えられる金額で移籍することになれば、2017年にバルセロナからPSGに移籍したネイマールの移籍金2億2200万ユーロを上回り、フットボール史上最高額となる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00010014-goal-socc

    【リヴァプールが300億でムバッペ獲得か?】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/11/06(水) 23:24:24.27 ID:5m9IaJcW9
    オーストラリア、Aリーグの強豪メルボルン・ビクトリーを退団後、所属先のなかった本田圭佑(33)6日、ツイッターで「プレイするクラブ決めました!」とツイートした。

    【写真】久々のゴールで柄になく大喜びする本田圭佑

    その後、本田が10月31日から練習参加していたオランダ1部のフィテッセが加入を正式に発表した。契約は今季終了まで。

    来年の東京五輪に24歳以上のオーバーエージ(OA)枠で出場し、金メダルを獲得するという大目標へ向け、現在リーグ5位のフィテッセが新天地に決まった。

    6: Egg ★ 2019/11/06(水) 23:25:24.52 ID:5m9IaJcW9
    11/6(水) 23:03配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-11061135-nksports-socc

    写真
    no title

    【【朗報】本田圭佑がオランダに帰還!1部のフィテッセに移籍!】の続きを読む

    このページのトップヘ