トッテナム

    IMG_4103
    IMG_4102

    1: Egg ★ 2019/10/07(月) 12:41:51.14 ID:Z+Q23A+L9
    トットナムは現地時間5日、プレミアリーグ第8節でブライトンと対戦し、0-3の大敗を喫した。フランス代表GKウーゴ・ロリスは試合開始早々に左手を負傷し途中交代を余儀なくされたが、着地の際に腕があらぬ方向に曲がった瞬間に英メディアは「身震いするような腕の負傷」「サッカーの神様はロリスに残酷」と騒然としている。

    【動画】「身震いする」「神は残酷」と英戦慄 トットナムGKロリス、“最悪の着地”での左腕負傷により緊急交代する瞬間
    https://www.football-zone.net/archives/221851/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=221851_6

     1日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節のバイエルン・ミュンヘン戦ではホームで2-7と驚きの惨敗を喫し、悪い流れを断ち切るうえで重要な一戦となったが、試合開始早々の前半3分、トットナムは悲劇に見舞われることとなる。

     相手DFパスカル・グロスに左サイドを突破され蹴り込まれた場面、想定以上に大きな弧を描いたため、合わせるクロスにはならなかったが、ゴールマウスへと迫る軌道に。ロリスはジャンプしてキャッチを試みたが、体ごとゴールラインを割る可能性があったため、慌てて弾き出す選択をしたが、結果的に詰めていた相手FWニール・モペイに押し込まれてしまった。

     その際、バランスを崩したロリスは後ろに倒れ込みながらの着地となったため、左腕が逆関節に曲がる格好に。ピッチで転倒したまま悶絶するロリスはプレー続行が不可能と判断され、酸素マスクを装着され担架で運び出されることになった。戦慄の走るような負傷シーンに英メディアも騒然としている。

     英紙「デイリー・ミラー」は「身震いするような腕の負傷」と見出しを打って報じ、「ゾッとする負傷退場」と言及。英メディア「GIVE ME SPORT」は「サッカーの神様はロリスに残酷」と表現し、「最悪な着地により、腕を壊してしまう結果となった」と説明している。

     一方、復帰の目処については意見が分かれており、英紙「ザ・サン」は、検査結果が脱臼であったというトットナム公式の声明を引用し、最悪の事態には至らなかったことを主張していた一方、英紙「デイリー・メール」は「ロリスが2020年まで戦線離脱する可能性」と取り上げ、年内の復帰が厳しい見解を示している。今季は絶不調なスタートを切っているトットナムだが、まさしく“泣き面に蜂”な状況を迎えている。

    2019.10.07
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191007-00221851-soccermzw-socc

    写真
    no title

    【【悲報】トットナムのロリス、腕がありえない方向に曲がる・・・】の続きを読む

    • カテゴリ:
    IMG_4035

    1: 久太郎 ★ 2019/10/02(水) 05:59:54.50 ID:Q9w/5xsB9
    グループA
    レアル・マドリード 2-2 クラブ・ブルージュ
    [得点者]
    エマニュエル・デニス(前半10分)(クラブ・ブルージュ)
    エマニュエル・デニス(前半39分)(クラブ・ブルージュ)
    セルヒオ・ラモス  (後半10分)(レアル・マドリード)
    カゼミーロ     (後半40分)(レアル・マドリード)
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083084


    ガラタサライ 0-1 パリ・サンジェルマン
    [得点者]
    マウロ・イカルディ(後半7分)(PSG)
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083085

    ※長友佑都先発出場 後半33分で交代



    グループB
    トッテナム 2-7 バイエルン
    [得点者]
    ソン・フンミン      (前半12分)(トッテナム)
    ヨシュア・キミヒ     (前半15分)(バイエルン)
    ハリー・ケイン      (後半16分)(トッテナム)PK
    ロベルト・レヴァンドフスキ(前半45分)(バイエルン)
    セルジュ・グナブリー   (後半08分)(バイエルン)
    セルジュ・グナブリー   (後半10分)(バイエルン)
    セルジュ・グナブリー   (後半38分)(バイエルン)
    ロベルト・レヴァンドフスキ(後半42分)(バイエルン)
    セルジュ・グナブリー   (後半43分)(バイエルン)
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083096


    レッドスター・ベオグラード 3-1 オリンピアコス
    [得点者]
    ルーベン・セメド   (前半37分)(オリンピアコス)
    ミロシュ・ヴリッチ  (後半17分)(レッドスター)
    ネマンヤ・ミルノビッチ(後半42分)(レッドスター)
    リッチモンド・ボアキエ(後半45分)(レッドスター)
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083097


    グループC
    アタランタ 1-2 シャフタール
    [得点者]
    ドゥヴァン・ゼパタ  (前半28分)(アタランタ)
    モラエス・ジュニオール(前半41分)(シャフタール)
    マノル・ソロモン   (後半50分)(シャフタール)
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083108


    マンチェスター・シティ 2-0 ディナモ・ザグレブ
    [得点者]
    ラヒム・スターリング(後半21分)(マンC)
    フィル・フォーデン (後半50分)(マンC)
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083109


    グループD
    ユベントス 3-0 レバークーゼン
    [得点者]
    ゴンサロ・イグアイン   (前半17分)(ユベントス)
    フェデリコ・ベルナルデスキ(後半17分)(ユベントス)
    クリスティアーノ・ロナウド(後半44分)(ユベントス)
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083120


    ロコモティヴ・モスクワ 2-0 アトレティコ・マドリード
    [得点者]
    ジョアン・フェリックス(後半03分)(アトレティコ)
    トーマス       (後半13分)(アトレティコ)
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083121

    UEFA-CL
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/schedule/41

    【【 CL 】スパーズがバイエルンにボコボコにされる!レアルは格下とまさかの引き分け】の続きを読む

    IMG_2441

    1: 久太郎 ★ 2019/07/31(水) 02:53:40.85 ID:4w1DDib79
    現地時間30日、アウディカップが行われ、久保建英の所属するレアル・マドリーはトッテナムと対戦した。

    毎年、バイエルンの本拠地アリアンツアレーナで行われているプレシーズンタイトル「アウディカップ」。今年はバイエルン、レアル・マドリー、トッテナム、フェネルバフチェの4クラブがトーナメント方式で争うこととなった。

    同じプレシーズンタイトルのインターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)でライバルのアトレティコ・マドリー相手に衝撃の7失点大敗を喫したレアルは、エデン・アザール、ルカ・モドリッチ、トニ・クロースらが先発。久保建英はイスコやヴィニシウスらとともにベンチからのスタートとなった。

    これまでのプレシーズンマッチ同様、体が重そうなアザールはチェルシー時代に見せていたキレのあるドリブルが鳴りを潜め、カリム・ベンゼマとのコンビネーションも今一つ。久保と同い年のロドリゴが物怖じしないプレーで果敢にチャレンジしていたのとは対照的に映った。

    攻守においてどこかちぐはぐなマドリーに対し、ハリー・ケイン、クリスティアン・エリクセン、ソン・フンミンらが顔を揃えたトッテナムは守から攻への切り替えが速く、スピード感のある攻撃でマドリーゴールへと迫る。

    迎えた22分、サイドチェンジのミスに反応したマルセロがタッチラインぎりぎりのところで間に合って残すが、残したボールがケインへの絶好のラストパスとなってしまい、GKケイラー・ナバスとの1対1をケインが沈めてトッテナムが先制する。

    1点を追う展開となったマドリーのチャンスは27分、右サイドを抜けたモドリッチの折り返しをベンゼマがフリーで合わせる。しかし、これの絶好機をゴール右へと外してしまう。

    30分には、カウンターからDFに囲まれながらもボールをキープしたエリック・ラメラの浮き球パスに、ケインが抜け出す。しかし、ペナルティーエリア内左からのシュートはGKナバスが触ってゴール右へと外れる。

    後半、1点リードのトッテナムはハーフタイムで一気に9人を交代。エリクセン、タンギ・エンドンベレらに代わり、デレ・アリ、ルーカス・モウラ、ウーゴ・ロリスらを投入した。

    58分、ペナルティーエリア手前左からカットインしたソン・フンミンの左足シュートが枠を捉えるが、ここはGKナバスがファインセーブで切り抜ける。さらに62分には、ルーカスの浮き球パスに抜け出したデレ・アリのダイレクトボレーはGKナバスが再び立ちはだかる。

    追いつきたいマドリーは64分に選手交代。クロース、ルーカス・バスケス、ラファエル・ヴァランを下げ、ナチョ、フェデリコ・バルベルデ、ヴィニシウスを投入する。迎えた75分、マルセロの左アーリークロスを、ファーサイドのロドリゴが合わせてネットを揺らす。しかし、これはわずかにオフサイドの判定によりノーゴールとなった。

    80分、モドリッチ、アザール、ベンゼマ、マルセロら6人を下げ、久保、イスコらを投入。若手主体となったマドリーの中で。久保は右のインサイドハーフとして起用された。84分には、アトレティコ戦を髣髴とさせるような強烈なミドルシュートを放った久保は、86分にもペナルティーエリア手前からボレーを放つが、右足でのボレーはゴール右へと外れてしまう。87分にも右サイドから強引にカットインして左足を振り抜くと、強烈なシュートが対峙していたDFの顔面に当たってしまう。

    ゴールへの強い意欲を見せた久保だが、最後までトッテナムゴールを陥れることは叶わず。勝利したトッテナムはバイエルン対フェネルバフチェの勝者と決勝を、敗れたレアル・マドリーは敗者と3位決定戦を行う。

    ■試合結果
    レアル 0-1 トッテナム

    ■得点者
    レアル:なし
    トッテナム:ケイン(22分)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190731-00010000-goal-socc

    【【悲報】レアル、トッテナムに負ける、久保くんは残り10分だけ出場・・・】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/07/26(金) 07:37:47.30 ID:OfwyTQ++9
    7/25(木) 17:40配信
    <サッカー>トッテナム監督「孫興民はアジアのベッカム」

    「孫興民(ソン・フンミン)はアジアのベッカムだ」。アジアツアーを続けるトッテナム・ホットスパーFCのポチェッティーノ監督が孫興民(ソン・フンミン、27)を絶賛した。

    英テレグラフによると、ポチェッティーノ監督は24日、中国・上海で開いた記者会見で「アジアの人たちは孫興民を愛している。彼はアイコン」とし「私は彼をデビッド・ベッカムと比較した。人々が孫興民を愛するのは驚くことではない」と述べた。

    ポチェッティーノ監督が孫興民と比較したデビッド・ベッカム(44)は世界のサッカーアイコンだ。1996年から2009年までイングランド代表のMFとして活躍したベッカムは整った顔立ちと正確なフリーキックで注目を集めた。英国バンドのビートルズのように世界にファンを形成した。

    孫興民は25日、中国上海虹口競技場でマンチェスター・ユナイテッドとの2019インターナショナルチャンピオンカップ(ICCクラブ対抗戦)を控えて開かれた記者会見にトッテナム代表として出席した。

    これに先立ち孫興民は21日、シンガポールで行われたユベントス(イタリア)とのICC試合に出場し、3-2の勝利で終えた。シンガポールで孫興民の人気はユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウド級だった。中国でも孫興民の人気は高い。

    ポチェッティーノ監督は「孫興民が今でも成長を望み、発展するために努力すると話すのがうれしい。メンタルが素晴らしく、彼はアジアだけでなく全世界で人々の良いお手本だ」と称えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190725-00000043-cnippou-kr
    no title

    【トッテナム監督「ソン・フンミンはアジアのベッカム」】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/07/16(火) 09:19:48.05 ID:fTWaJv1n9
    レアル・マドリーで戦力外扱いとなっているMFガレス・ベイルの獲得に名乗りを挙げる欧州のクラブが、ついに現れたようだ。スペイン『マルカ』によれば、ウェールズ代表MFの古巣トッテナムが獲得に動いているという。

    昨季終了直前にジネディーヌ・ジダン監督から戦力外通告を受けたとされるベイル。しかし、ここまでに報じられたオファーは中国の上海申花のものだけとされ、欧州のクラブが動いている様子はなかった。中国申花はベイルに対して、現年俸を上回る額を用意していたとされるが、移籍金を支払う考えがなかったためにレアル・マドリーから拒否されたとみられる。

    そして16日付の『マルカ』は、1面で「ベイルに出口がある」との見出しを打った。曰く、トッテナムは2007年から2013年まで擁していたベイルを取り戻すべく、レアル・マドリーに移籍金5000~6000万ユーロを支払う意思があると伝えた模様だ。

    ただしトッテナムには、ベイルがレアル・マドリーで受け取る年俸1700万ユーロ+インセンティブを支払う余裕はなく、もし獲得するとしても年俸を現在の半分ほどに引き下げなければならないという。そのためにレアル・マドリーは、トッテナムにベイルを売却する際には5000~6000万ユーロという移籍金額を受け入れるかどうかという問題のほか、ベイルの残り3年分の年俸の半分、約2500万ユーロをベイルに支払わなければならないようだ。

    16日に30歳となったベイルは、トッテナム復帰でロンドンへ戻り、プレミアリーグに再挑戦することに否定的ではない様子。だが、レアル・マドリーと結ぶ2022年までの契約で受け取るはずだった年俸額をあきらめる考えは毛頭ないとされる。

    なお今夏に3億ユーロ分の補強をしたレアル・マドリーは、ファイナンシャルフェアプレーによって差額1億ユーロ分、つまり2億ユーロの売却収入が必要な状況となっており、ベイル、MFハメス・ロドリゲス、FWマリアーノ・ディアスといった選手の売却を予定している。果たしてベイルの売却先は、トッテナムになるのだろうか。

    7/16(火) 8:49配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190716-00010008-goal-socc

    写真
    no title

    【【朗報】ベイル、トッテナム出戻りの可能性が浮上wwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ