バイエルン

    IMG_1727

    1: 数の子 ★ 2019/08/21(水) 20:06:37.78 ID:LVAYYH2x9
    フィオレンティーナは21日、元フランス代表MFフランク・リベリーの獲得をクラブ公式ツイッターで発表した。

     現在36歳のリベリーは、2007年にマルセイユからバイエルンに加入。昨シーズンでバイエルンを退団してフリーとなっていた。在籍した12年間では通算425試合出場124ゴール182アシストを記録している。注目されていた新天地はトルコや、中東などが噂されていたが、イタリアに決定した。
     
     フィオレンティーナは昨シーズン、セリエAを16位で終えている。新シーズンは25日にナポリとの試合で開幕し、この試合がリベリーのデビュー戦となる可能性もある。

    SOCCER KING

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190821-00970891-soccerk-socc

    【リベリーがセリエA・フィオレンティーナに移籍!!】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/08/17(土) 08:00:05.51 ID:YVtoSZiD9
    バイエルンが、ブラジル代表フィリペ・コウチーニョの獲得で正式合意に至ったとクラブの公式メディアを通して公表した。

    声明によると2020年6月までの1年契約で、バイエルンには買い取りオプションが付いているという。ミュンヘンで近日中にメディカルチェックが行われ、その後正式にサインを交わす見通し。

    今回の契約についてクラブ幹部のハサン・サリハミジッチは「いくつか詳細を詰める必要があり、まだすべて決まったわけではない。だが、バイエルンにこのような素晴らしいプレーヤーを迎え入れることができたし、
    バルセロナに感謝したい」とのコメントを公表している。

    また、ニコ・コバチ監督も「このようなトップ選手を招くことは、バイエルンだけに限らず、ブンデスリーガ全体、そしてドイツサッカー界にとっても大きなこと。今から楽しみにしている」と述べている。
    2018年1月にリヴァプールからバルセロナに加わったコウチーニョ。カタルーニャで1年半プレーし、今季はミュンヘンへと新天地を求めることが確実となった。

    8/17(土) 7:45配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190817-00010004-goal-socc

    写真
    no title

    【【速報】バイエルンがコウチーニョ獲得!1年間のレンタル、買い取りOP付き】の続きを読む

    IMG_2321

    1: 久太郎 ★ 2019/07/21(日) 11:00:41.98 ID:b+1DIX0T9
    0-1で迎えた後半開始からピッチに投入 新加入のヨビッチ、ロドリゴらとプレー
     レアル・マドリードは現地時間20日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)初戦、バイエルン戦に臨んだ。今夏移籍した日本代表MF久保建英は後半からの出場で実戦デビューを飾った。試合はポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキのスーパーゴールなどで、バイエルンが3-1で勝利した。

     2018-19シーズンを無冠で終えたレアルは、ジネディーヌ・ジダン監督の下で巻き返しを期す新シーズンとなるなか、プレシーズン初戦となる一戦のスタメンに新加入のベルギー代表MFエデン・アザールを起用。その一方でベルギー代表GKティボー・クルトワ、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス、クロアチア代表MFルカ・モドリッチ、元フランス代表FWカリム・ベンゼマらこれまでの主力を並べ、久保はベンチスタートとなった。

     試合は前半15分、バイエルンのMFキングスレイ・コマンが左サイドを崩し、ゴール中央へパス。フリーになったMFコランタン・トリッソのシュートは一度クルトワがストップしたものの、こぼれ球を再びトリッソが押し込み、バイエルンが1-0と先制に成功した。

     その後レアルはブラジル代表DFマルセロの果敢なオーバーラップなどで攻勢をかけるものの、バイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーの存在感もあってゴールを破れずハーフタイムを迎えた。この状況でジダン監督は久保の投入を決断。「背番号26」の久保がピッチに送り出され、“白い巨人”でのデビューを飾った。

     左インサイドハーフに入った久保はキックオフ直後、鋭いドリブルで相手陣内深くに入りクロスを上げるなど、いきなりチャンスを作った。日本サッカーの未来を担うであろう逸材が、“白い巨人”での第一歩を記した。後半17分には前方へのスルーパスでFWヴィニシウスの決定機を創出。それをヴィニシウスが決めきれなかった際には、悔しそうな素振りも見せた。

    しかしスコアを動かしたのはバイエルンの絶対的エース、レバンドフスキだった。同22分、後方からのロングボールを冷静に収めて、一度はゴールを背にしてマーカーを背負ったものの、軽やかにターンしつつシュートを放つ。これがコスタリカ代表GKケイラー・ナバスの手をすり抜けてゴールネットを揺らし、バイエルンが2-0とリードを広げた。

     バイエルンはレアルの気落ちを見逃さない。追加点から2分後にレアルのビルドアップミスを奪い、MFセルジュ・ニャブリがフリーとなって3点目をゲット。試合を決定づける得点となった。

     試合はその後、後半36分に途中出場のGKスベン・ウルライヒが一発退場。そこで得たFKを新加入MFロドリゴが叩き込み、レアルが1点を返した。数的優位に立ったレアルは、試合終了までゴールを狙ったものの、新加入の久保やセルビア代表FWルカ・ヨビッチの連係が発展途上であることをうかがわせる展開となった。1-3で敗れたとはいえ、久保がレアルの中で大きな第一歩を刻んだことは確かだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190721-00205155-soccermzw-socc

    【【朗報】久保建英、やっぱりレアルでもうますぎるwwwwww】の続きを読む

    IMG_2321

    【【朗報】ついに久保建英がレアルデビュー!】の続きを読む

    IMG_2320

    1: 豆次郎 ★ 2019/07/21(日) 08:22:26.63 ID:eMWHz1qP9
    7/21(日) 8:18配信
     レアル・マドリーは20日、インターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)でバイエルンと対戦する。日本時間21日の午前9時キックオフを前にスターティンメンバー発表され、日本代表MF久保建英(18)はベンチスタートとなった。

     今夏レアル・マドリーに加入した久保は、フベニールA登録でカスティージャ(Bチーム)に所属する予定だが、クラブは“昇格候補”とみており、トップチームのプレシーズンツアーに帯同。スター軍団の中で物怖じせずにハイレベルなプレーを見せている。

     スペイン『アス』によれば、ジネディーヌ・ジダン監督は久保について「チームへの適応にとても満足している」と語り、「クボがレアル・マドリーにとって非常に重要な存在になるだろうと確信している。とても良くプレーしているよ」とプレシーズンでのパフォーマンスを称えていた。

     なお、同大会の公式サイトによると、久保は背番号26番をつける模様。まだ背番号が決まっていないMFエデン・アザールは50番となっており、プレシーズンのみの暫定的な番号のようだ。

    ▼GK
    13 ティボー・クルトワ

    ▼DF
    2 ダニエル・カルバハル
    4 セルヒオ・ラモス
    5 ラファエル・バラン
    12 マルセロ

    ▼MF
    8 トニ・クロース
    10 ルカ・モドリッチ
    22 イスコ

    ▼FW
    9 カリム・ベンゼマ
    20 マルコ・アセンシオ
    50 エデン・アザール

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190721-43469487-gekisaka-socc

    【【悲報】バイエルン戦、久保建英はベンチスタート…】の続きを読む

    このページのトップヘ