バルセロナ

    1: Egg ★ 2019/07/14(日) 20:01:20.67 ID:iDRXDWsG9
    バルセロナは日本代表MF久保建英が宿敵レアル・マドリーに移籍したことを悔やんでいるという。スペイン『アス』は「久保の流出は、バルセロナの最悪なミスだ…」と報じた。

     バルセロナの下部組織に所属していた久保は、クラブが18歳未満の外国人選手獲得・登録違反で国際サッカー連盟(FIFA)から制裁を受けた影響で2015年に退団。帰国してFC東京の下部組織に加入すると、今季はJリーグで首位に立つトップチームの原動力となり、6月4日に18歳の誕生日を迎えたことを受け、海外移籍が盛んに報じられていた。

     バルセロナ復帰が有力とみられていたが、久保が最終的に選んだのはライバルクラブのレアルだった。『ムンド・デポルティボ』によると、バルセロナが獲得を見送った理由は久保側の高い要求だという。年俸100万ユーロの5年契約に加え、次のシーズンからのトップチーム契約を求めたようだ。

     その要求を受け入れられなかったバルセロナだが、『アス』によると、復帰を確信していたものの、レアルに移籍してしまったことを後悔しているという。久保に関わった指導者は「トップチームに行ける」と高く評価し、「並外れた才能に日本人の真面目さを併せ持つ」“偉大な真珠”と絶賛していた。そのため、バルセロナ内部では「最悪なミス」と囁かれているという。

     現在、トップチームのプレシーズンツアーに帯同している久保。インターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)で20日にバイエルン、23日にアーセナル、26日にアトレティコ・マドリーと対戦するが、いずれかの試合でデビューを果たし、早々のトップチーム昇格となるか。今後の活躍にバルセロナ関係者も注目しているはずだ。

    7/14(日) 15:11配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-43469248-gekisaka-socc

    写真no title

    【バルサ、久保をレアルに盗られ後悔?】の続きを読む

    IMG_2268

    1: 久太郎 ★ 2019/07/12(金) 15:05:04.46 ID:bfTNq0wg9
     鹿島は12日、MF安部裕葵(20)が、スペインの名門バルセロナに完全移籍することでクラブ間の基本合意に達したと発表した。移籍後、当面はスペインリーグ3部所属のバルセロナBでプレーする。

     安部は中学時代、プロの目に留まるため、高3時に全国総体開催地で1枠増える広島の瀬戸内高に単身で進学を決め、その総体で鹿島のスカウトに見初められて鹿島に入団した。プロ3年目の今季はクラブ歴代最年少で10番を背負っていた。

     戦況を読む高い頭脳と独特なタッチのドリブルが持ち味。17年の国際親善試合Jリーグワールドチャレンジではスペイン1部セビリアとの一戦に途中出場してマン・オブ・ザ・マッチに輝いた。先月の南米選手権では全3試合に出場した。

     鹿島での最後の試合となった6日のJ1磐田戦では、コールが鳴りやまないゴール裏のサポーターに向かって両手を上げてから深く一礼し、あいさつする姿があった。移籍に備えて10日から個別メニューで調整してきたが、この日もクラブハウスには顔を出した。

     ▼安部のコメント 高校卒業から2年半という月日を鹿島アントラーズで過ごし、プロサッカー選手として、人間として大きく成長することができました。チームメイト、スタッフ、フロント、そしてサポーターの皆様、すべてのアントラーズファミリーと勝利のために戦えたことは、自分の誇りであり、財産です。今回、シーズン途中でチームを離れることは難しい決断でしたが、FCバルセロナで新たな挑戦をしたいと強く思い、移籍を決めました。これから直面する様々な困難や壁も、自分の成長には絶対に必要なことだと信じています。鹿島アントラーズというクラブで経験したすべてを糧に、これからも一日一日、一瞬一瞬を大切にして、フットボールと向き合っていきたいと思います。本当にありがとうございました

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190712-00000137-spnannex-socc

    【【朗報】鹿島の安部、バルサ移籍!】の続きを読む

    IMG_2266

    1: 久太郎 ★ 2019/07/12(金) 22:39:06.18 ID:bfTNq0wg9
    バルセロナは12日、アトレティコ・マドリーからフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンを獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月までの5年間となっている。契約解除金は8億ユーロ(約973億円)に設定された。

    グリーズマンに関しては、2017年の夏にバルセロナが獲得に接近。しかし当時、アトレティコ・マドリーが補強禁止処分を科されていたことを考慮したグリーズマンが“男気の残留”を決断した。

    バルセロナが再びグリーズマン引き入れを目指すと、今年5月にはアトレティコが同選手の2018-19シーズン限りの退団を発表。その後、アトレティコはシーズンの重要な時期(今年2月~3月)に交渉を進展させたグリーズマンとバルセロナ、さらに契約解除金の分割払いを申し込んできた同クラブを非難する声明を発表していた。

    アトレティコの怒りを受けて、バルセロナは一括でグリーズマンの契約解除金を支払うことを決断。1億2000万ユーロ(約146億5000万円)でアトレティコとの契約が解除されたグリーズマンは、バルセロナの一員となった。

    現在28歳のグリーズマンは、ユース時代を過ごしたレアル・ソシエダで2009年にデビュー。2014年から5シーズンにわたって主力としてプレーしたアトレティコでは、公式戦257試合に出場して133得点を記録した。

    また、2014年にデビューしたフランス代表としては、これまでに72試合29得点をマーク。昨年のロシア・ワールドカップでは7試合で4得点を挙げる活躍を披露し、レ・ブルーの20年ぶりとなる優勝に大きく貢献した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190712-00010031-goal-socc

    【グリーズマン、ついにバルサ移籍wwwww 移籍金146億wwwww】の続きを読む

    no title

    1: Egg ★ 2019/07/09(火) 00:02:37.33 ID:Z/uZ6req9
    ブラジル代表DFマルキーニョスとDFチアゴ・シウバが、不満を爆発させたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを非難している。スペイン『マルカ』などが伝えた。

    やはり南米はすごい…コパ・アメリカ最高の美女サポーターたち【53枚】

    メッシは今回のコパ・アメリカで、審判などに対して容赦なく不満を漏らした。3位決定戦チリ戦後には開けっ広げに「僕は表彰式には出なかった。なぜなら、僕たちはこの大会の汚職やの一部である必要はないからだ。僕たちに対するリスペクトが欠けている。彼らは決勝進出を許さなかった」と語るに至っている。

    この発言に反応したのがコパ優勝チームであるブラジルの一員であり、パリ・サンジェルマンでバルセロナのユニフォームを着たメッシとも対戦したマルキーニョス&T・シウバだ。

    マルキーニョスは、コパ優勝を果たした直後、次のように語っている。

    「あれだけのクオリティーを持つ選手がそんなことを言うなど、残念だ。彼もバルセロナと代表で、あれだけ審判の恩恵を受けてきたのに。そのときは汚職について話さなかった」

    「彼は負けたんだし、それを受け入れなくては。僕たちだってワールドカップのベルギー戦では、良いプレーを見せたにもかかわらず負けてしまった。負け方も知らなくてはね」

    一方でT・シウバはバルセロナに4点差をひっくり返された、2017年のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグについて言及しながら、メッシの言動を咎めた。

    「そのことについてコメントするのは難しい。敗戦したときには、自分の責任を回避するため他者に責任を押し付けてしまうこともある。彼は悪意を持ってそう言ったわけではないが、言ってしまった。彼の口から出てしまったことだ」

    「僕たちがバルセロナ戦で逆転負けを喫した際、審判は馬鹿げたレフェリングをした。でも、僕たちは運営がバルセロナに試合をプレゼントしたとは言わなかったよ」

    7/8(月) 23:34配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190708-00010040-goal-socc

    【サッカー】<メッシ>南米サッカー連盟&審判批判で2年間出場停止の可能性が浮上!
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1562583856/

    【サッカー】<メッシ>退場…“怒りの3位”表彰式出席を拒否「腐敗と審判がサッカーを駄目にしてる」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1562534645/

    【【悲報】マルキーニョスとチアゴ・シウバ「メッシはバルサで審判の恩恵を受けてきたくせに…」】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/07/06(土) 10:35:53.07 ID:rKix19Oy9
    アトレティコ・マドリードは5日、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンを巡り、バルセロナに向けて声明を発表した。

     アトレティコ・マドリードは5月14日にグリーズマンのクラブ退団を発表。同選手にはバルセロナ加入がかねてより噂されているが、現時点で未だに移籍決定に至っていない。その背景に、アトレティコ・マドリードとバルセロナの関係悪化がある模様だ。

     アトレティコ・マドリードは公式HPを通じて異例ともいえる声明を発表。声明によると、バルセロナはアトレティコ・マドリードの重要な時期にグリーズマンとの交渉を行っていたという。さらに、グリーズマンの契約解除金が減額される7月以降に移籍成立を延長するよう要求してきた模様だ。クラブは次のような声明を発表してバルセロナの振る舞いを批判した。

    「バルセロナとグリーズマンが3月の時点で移籍合意に至っていたことを、彼の退団が決まった後に知らされた。合意に至った時期は、我々がチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグでユヴェントスと対戦する直前だ」

    「さらに、バルセロナの会長はグリーズマンの契約解除金が減額される7月1日以降に移籍を成立させるよう要求してきた。我々の返答としては当然”ノー”だ。これはアトレティコ・マドリードとファンに対して敬意を欠く行動だ。次の日曜日、グリーズマンにはプレーシーズンの練習参加を義務づける」

    「グリーズマンに我々との契約関係を断ち切るよう誘導したバルセロナに対して、強い不快感を表明する。ユヴェントスとの試合だけでなくリーガ・エスパニョーラでも重要な時期であったため、バルセロナはアトレティコ・マドリードとその何百万人ものファンに大きな損失をもたらした」

     今回の声明から、アトレティコ・マドリードとバルセロナの関係が良好でないことが伺える。果たしてグリーズマンのバルセロナ加入は決定するのだろうか。

    7/6(土) 10:11配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190706-00954961-soccerk-socc

    写真no title

    【【悲報】アトレティコがバルサにブチギレwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ