マンチェスター・シティー

    1: Egg ★ 2019/08/12(月) 17:55:38.10 ID:KmmjKqkh9
    スカイスポーツの解説者に就任したジョゼ・モウリーニョ氏(56)が、自分がマンチェスター・シティーのBチームでも指揮を執ったらマンチェスター・ユナイテッドを抑え、プレミアリーグ優勝を果たすと公言した。11日付の英紙サン電子版が報じた。

    【写真】モウリーニョ氏、広州恒大の巨額オファー拒否?

    チェルシーとマンチェスターUで監督を務めたモウリーニョ氏は、今季はマンチェスターCとリバプールに加えてトットナムも優勝争いチームになることを予想した。番組が始まって、昨季途中まで指揮を執っていたマンチェスターUに対する皮肉を口にするまでに5分しかかからなかった。

    優勝候補チームを聞かれた同氏は「マンチェスターC、トットナム、リバプールとマンチェスターCのBチームだ」と回答。「マンチェスターCの先発に選ばれなかった選手のBチームでもプレミアリーグを優勝できるよ」と圧倒的な戦力を誇るマンチェスターCが優勝候補筆頭だと主張した。

    また、アーセナル、チェルシーとマンチェスターUに関しては「サッカーでは予想しない出来事が起こることがある」と多くを語らず。優勝候補ではないものの、可能性はあると話した。

    (A・アウグスティニャク通信員)

    8/12(月) 17:08配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190812-08120438-nksports-socc

    写真
    no title

    【モウリーニョ「マンチェスターCのベンチメンバーでもプレミアリーグを優勝できるよ」】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/08/09(金) 01:15:57.11 ID:vMHsvKxL9
    G大阪のFW食野(めしの)亮太郎(21)が、イングランド・プレミアリーグ2連覇中の強豪、マンチェスターCから完全移籍のオファーを受けたことが8日、分かった。
    食野亮はすでに渡英し、プレミアリーグの移籍市場が閉まる英国時間の8日午後5時(日本時間9日午前1時)をデッドラインに最終交渉を行った模様。交渉が成立すれば、近日中にも発表される。

    G大阪ユースから17年に昇格した食野亮は、今季がプロ3年目。ユース時代はボランチ、昇格後は2列目でのプレーが多かったが、今季FWに転向するとG大阪U―23で戦うJ3で8ゴールと急成長し、
    トップチームに定着。5月11日の鳥栖戦でJ1初ゴールを挙げるなど、ここまで12試合3ゴール。細かいタッチのドリブルからゴールを狙う貪欲なスタイルで、頭角を現していた。

    マンCはベルギー代表MFデブルイネ(28)ら世界屈指の選手を擁し、昨季は国内3冠を達成した超ビッグクラブ。1月には日本代表MF板倉滉(22)を獲得するなど、スカウト網を日本にも広げていた。
    板倉がオランダ1部フローニンゲンに期限付き移籍したように、食野亮も移籍が決まれば英国の就労ビザが取得できるまで他クラブに期限付き移籍する可能性は高い。

    G大阪ユースでは日本代表MF堂安律(21)=フローニンゲン=と同期で、東京五輪世代の食野亮だが、U―23日本代表には一度も選出されていない。
    “無名”の21歳が、交渉期限ぎりぎりで舞い込んだマンC移籍を実現させるのか。サクセスストーリーの行方に注目が集まる。

    ◆食野 亮太郎(めしの・りょうたろう)1998年6月18日、大阪・泉佐野市出身。21歳。G大阪ジュニアユース、ユースを経てトップ昇格。
    G大阪ユースMFの弟・壮磨(18)も2種登録としてG大阪U―23でJ3デビューしており、3月31日のYS横浜戦では兄弟そろってゴールも挙げた。171センチ、68キロ。右利き。

    8/9(金) 1:02配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190808-00000329-sph-socc

    写真
    no title

    【食野亮太郎がマンチェスターシティーに移籍したけど、レンタル先で成功できるの?】の続きを読む

    IMG_1868

    1: 名無しに人種はない@実況OK 2019/06/04(火) 14:54:12.15 ID:9/1ulOlr
    やっぱ泊がつくのはCLだよな
    重みが違う

    【CL制覇と国内3冠、どちらが上?】の続きを読む

    no title

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/06/05(水) 06:01:39.20 ID:1LIbAu7d9
    「欧州のビッグクラブが日本のワンダーキッドのために…」

    日本サッカー界期待の“俊英”久保建英の動向が世界的な注目を集めている。

    今シーズンの久保の活躍ぶりは圧巻だ。J1で首位をひた走るFC東京で定位置を確保したティーンエージャーは、リーグ戦13試合で4ゴール・4アシストと好パフォーマンスを披露。
    この6月のキリンチャレンジカップとコパ・アメリカにも招集され、A代表デビューが大いに期待されている。

    そして、久保は4日に晴れて18歳となったことで、国際サッカー連盟(FIFA)が定めている未成年の移籍条項の枠から外れ、自由に国外移籍することが可能になった。
    そのため、かねてから移籍が噂されてきた下部組織時代に在籍したバルセロナだけでなく、パリ・サンジェルマン行きの話も浮上した。

    そんななか、久保が誕生日を迎えた同日に過熱している去就についてレポートしたのは、英紙『The Sun』だ。

    同紙は各国メディアでも報じられているパリSG行きの可能性を伝えたうえで、「ヨーロッパのビッグクラブが日本のワンダーキッドのために行動を起こそうとしている」とし、さらに次のように続けた。

    「クボはラ・マシアのアカデミーと契約したが、バルサが未成年選手との違法契約で有罪を言い渡された2015年にクラブからの放出を余儀なくされた。
    だが、彼は日本に戻ってからFC東京で『日本のメッシ』という異名を得るまでに成長した。そして、18歳となったいま、クボがヨーロッパでさらなるスキルアップをするために妨げとなるものはなくなった」

    「複数のメディアの情報では、マドリーとシティが獲得レースの先頭に立っていると報じられている。ただ、バルサもクボを“家”に戻すことを諦めたとは思えない。
    さらに“フランスの巨人”も虎視眈々と狙い続けるだろう。彼の動向は日本サッカー界のマーケティングに特大のチャンスをもたらしうるものだ」

    果たして、久保はいったいどのリーグ、そしてどこのクラブへと羽ばたいていくのか? 噂通りにビッグクラブとの契約が実現すれば、
    日本のサッカー界を活気づけるエポックメーキングな取引となるだけに、世界規模に発展しつつある争奪戦の行方に注目だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190605-00010002-sdigestw-socc
    6/5(水) 5:20配信

    【【朗報】久保建英をマンCとレアルが狙ってる模様wwwwwww】の続きを読む

    IMG_1681

    1: 名無しに人種はない@実況OK 2019/05/10(金) 08:38:29.89 ID:BwWxhArd
    まぐれだぞ

    リーガは毎年欧州を制圧してきた

    悔しかったら来シーズンも独占してみろ

    無理だろうがな

    【プレミアの時代が来たと勘違いしてる奴おる?】の続きを読む

    このページのトップヘ