モドリッチ

    IMG_1910

    1: 豆次郎 ★ 2019/06/14(金) 13:21:25.48 ID:d0HR2d7U9
    6/14(金) 12:31配信
    AFP=時事
    アザールがレアル入団会見、背番号10はモドリッチに「断られた」

    【AFP=時事】スペイン1部リーグのレアル・マドリード(Real Madrid)は13日、イングランド・プレミアリーグのチェルシー(Chelsea)から獲得したエデン・アザール(Eden Hazard)の入団発表記者会見を行った。

    【写真8枚】両親と共にファンの前に姿を見せたアザール

     本拠地サンチャゴ・ベルナベウ(Santiago Bernabeu Stadium)に集まった約5万人のファンの前でお披露目されたアザールは、レアルで「ギャラクティコ(銀河系軍団の一員)」になりたいと述べ、今回の移籍は自身のキャリアの中でも完璧なタイミングだったと考えていると明かした。

     アザールは記者会見で、「僕はまだギャラクティコではないが、いつの日かそうした存在になれることを願っている」と語った。

    「これまでにあらゆることを成し遂げてきたが、ゼロからの再出発になるだろう。僕はギャラクティコではなく、エデン・アザールだ。才能ある一人の選手に過ぎない」

     アザールと5年契約を結んだレアルは、チェルシーにまず1億ユーロ(約122億円)を支払い、その後もボーナスとして4500万ユーロ(約55億円)を手渡す可能性がある。

     昨年行われたW杯ロシア大会(2018 World Cup)の後にもレアルからアプローチがあったと認めたアザールは、それでもチェルシーを離れるのにふさわしいタイミングは今夏だったと主張した。

    「遅すぎたとは思わない。僕は28歳だし、選手として最も脂が乗っている時期だ」「リール(Lille OSC)やチェルシーでプレーしたこれまでには、さまざまな段階があった。世界最高のクラブに加入するのは今がふさわしかったと感じている」

     クリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)が退団したレアルは今季苦戦を強いられ、アザールにはその穴を埋める活躍が求められる。

     レアルは今夏、すでにエデル・ミリトン(Eder Militao)やルカ・ヨビッチ(Luka Jovic)、フェルラン・メンディ(Ferland Mendy)を補強しているが、ジネディーヌ・ジダン(Zinedine Zidane)監督の再就任後、指揮官の意思が反映された補強はアザールが最初となる。

     アザールは「レアルのようなチームでは、スター選手は一人だけじゃない。チーム自体がスターだ」と続けた。「チェルシーでは7年間プレーしたが、このチームでは新人。できるだけ貢献したい」

     また、レアルで世界最高の選手になりたいかと問われたアザールは、「挑戦するつもりだが、まずはこのクラブを世界で最高のチームにしたい」と返答。さらに、今回の移籍を決めるにあたりジダン監督の存在が大きな要因になったと認めた。

    「ジダン監督が僕の子どもの頃のアイドルだったのは誰もが知っている」「ジダン監督がチームを率いているというのは重要な要素だが、移籍の決め手はそれだけじゃない。ここでプレーしたいという気持ちをずっと持っていた」

    「レアルのファンになり始めたとき、僕はまだ子どもで、きょうだいと一緒に庭でサッカーをしていた」

    「それからフランスでプレーするようになり、イングランドに渡った。けれど、レアルの選手になってこのユニホームを着ることは名誉だ。新シーズンの開幕が待ちきれない」

     背番号が入っていないユニホームを着てファンの前に現れたアザールは、チェルシーのマテオ・コバチッチ(Mateo Kovacic)を通じて、クロアチア代表のチームメートであるルカ・モドリッチ(Luka Modric)にレアルの背番号10について尋ねてもらったと認めた。

    「コバチッチを通じてモドリッチと話すことができた。冗談で、背番号10を譲ってほしいと言った」「彼には断られたから、他の番号を探さないとね」 【翻訳編集】 AFPBB News

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190614-00000018-jij_afp-socc

    【アザール「背番号10譲ってくれ」モドリッチ「いやだ!」】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/05/24(金) 07:56:14.20 ID:KNzTfa4b9
    5/24(金) 7:42配信
    モドリッチ、レアルとの契約残留へ 近日中に契約更新を発表

    『Marca』の報道によると、ルカ・モドリッチはレアル・マドリーと2021年まで、1年間の契約延長を行うようである。クロアチア人MFとクラブが数日以内に正式な発表を行うことも指摘している。



    『Marca』が追加した情報によると、マドリーとモドリッチが以前に結んでいた契約条項には、もしバロンドールを獲得(昨年、実際起きたように)した場合、契約が1年延長されることが含まれていたようだ。

    さらに同MFは、ジネディーヌ・ジダンの信頼を完全に勝ち取っているようだ。モドリッチの契約更新は、ここ最近で契約を更新したトニ・クロースとナチョ・フェルナンデスに次いで3人目となる。

    今のところマドリーでは、多くの選手がチームを去ることも考えられているため、ビッグネームの新加入選手達とチームに残留する選手達をベースに変革を起こすことを考えている。

    なお、契約更新の正式な発表は今後数日の間で行われていくだろうと予想されており、モドリッチも最悪なシーズンから挽回し、以前の様な高いパフォーマンスをマドリーで披露することを望んでいる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190524-00010000-sportes-socc
    no title

    【【朗報】モドリッチ、レアルとの契約残留へ!】の続きを読む

    IMG_1728

    【今思うとモドリッチのバロンドール受賞って妥当?】の続きを読む

    IMG_0109

    【【CWC】レアルやはり強し!ベイルがハットトリック!】の続きを読む

    1: Glide Across The Line ★ 2018/12/04(火) 07:37:32.86 ID:CAP_USER9
    12/4(火) 6:22配信
    GOAL
    2018年度バロンドールはモドリッチに!UEFA/FIFA年間最優秀選手賞に続き個人賞三冠達成
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00010003-goal-socc
    モドリッチが三冠達成(C)Getty Images
    no title


    フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は3日、2018年バロンドール受賞者を発表。ルカ・モドリッチが、世界最高の選手に選ばれた。

    1956年に創設されたバロンドール。世界中のジャーナリストによる投票で、年間最優秀選手が選出される。最終候補者30名の中から、その年最も輝いた選手1人に名誉ある賞が授与されることになる。

    そして2日、バロンドールの受賞者が発表。モドリッチがキャリア初めて栄冠に輝いた。

    モドリッチは昨シーズン、所属クラブのレアル・マドリーでチャンピオンズリーグ史上初の三連覇に大きく貢献。さらに今夏行われたロシア・ワールドカップでは、クロアチア代表の主将として、同国史上初の決勝進出に導いた。大会最優秀選手にも選出されている。

    その活躍から、2018年のUEFA年間最優秀選手賞、FIFA年間最優秀選手賞をすでに獲得。今回のバロンドール受賞で、同年の個人賞三冠達成という偉業を成し遂げている。
    (以下ソース参照)

    【モドリッチがバロンドール受賞したけど、おまえら納得してるの?】の続きを読む

    このページのトップヘ