モドリッチ

    1: 豆次郎 ★ 2019/08/04(日) 21:31:02.71 ID:EVMTZvPN9
    8/4(日) 19:02配信
    久保建英はモドリッチの控え? スペイン全国紙がマドリーの「最新序列」を掲載!

    プレシーズンマッチ5試合の出場時間を元に作成

     約150億円を費やしたエデン・アザールをはじめ、ルカ・ヨビッチ、フェルラン・メンディ、エデル・ミリタン、ロドリゴと5人の新戦力を加える大型補強を行なったレアル・マドリー。だが、ここまで5試合を戦ったプレシーズンマッチでは、1勝1分け3敗/11得点・16失点とまったく結果が出ていない。


     8月17日に行なわれるセルタとのラ・リーガ開幕戦まで、残されたテストマッチは2試合。7日のレッドブル・ザルツブルク戦と11日のローマ戦で、ジネディーヌ・ジダン監督はスタメン11人、そしてトップチーム登録の25人を絞り込むことになる。

     そんななか、スペインの全国紙『MARCA』が、5試合のプレシーズンマッチの出場時間を元に作成した、マドリーの最新序列を掲載した。

     あくまで強化試合の結果であり、もちろん出場時間が長い選手が必ずしも先発の座を勝ち取れるわけではない。しかも、コパ・アメリカに出場したカゼミーロやミリタン、同じくコパ組で去就が注目されているハメス・ロドリゲスなど、まだ試合に出場していない選手はここに含まれていない。

     とはいえ、少なくともジダン監督がどの選手を主力として考えているのかは、窺い知ることができるだろう。

     ちなみにフォーメーションは、アンカーのカゼミーロが不在だったこともあって、この5試合で多く採用された4-4-2をベースにしている。

    ―――◆―――◆―――◆―――◆―――

     
     ティボー・クルトワ(出場時間135分。以下同)が左足首の怪我で途中離脱したGKは、ケイラー・ナバス(270分)がチャンスを得て、好セーブを連発している。U-20ワールドカップでウクライナを初優勝に導いたアンドリー・ルニン(45分)は、フェネルバフチェ戦の後半にピッチに立った。

     最終ラインは、右から、ダニエル・カルバハル(218分)、ナチョ(259分)、セルヒオ・ラモス(260分)、マルセロ(290分)。ナチョはアーセナル戦で退場したものの、ここまで2ゴールを決めるなどモチベーションの高さが感じられ、ラファエル・ヴァランヌ(229分)よりも長く出番が与えられている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190804-00062401-sdigestw-socc
    no title

    【【朗報】久保くんのレアル内序列はモドリッチの控え!】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/08/04(日) 09:19:45.35 ID:EVMTZvPN9
    8/4(日) 8:40配信
    レアル、ネイマール獲得に驚きの“トレード案”浮上 モドリッチ含む交渉をPSGに打診か

    バルセロナ復帰が取り沙汰されるネイマール、状況がさらに複雑化する可能性

     レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長は、パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマール獲得のために、バロンドール受賞者のクロアチア代表MFルカ・モドリッチを交渉に含めるという。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

     ネイマールはレアルのライバルであるバルセロナへの復帰が取り沙汰されている。PSGのトーマス・トゥヘル監督やフランス代表FWキリアン・ムバッペがネイマールの残留を求めるコメントを発し、ナセル・アル・ケライフィ会長も放出には消極的だとされている。

     そうしたなかで、レアルのペレス会長は状況を混乱させるのが狙いなのか、それとも本気の獲得を目指しているのか、モドリッチを交渉に含めてネイマール獲得をPSGに打診するとされた。元より、ネイマールがバルセロナからPSGに移籍した際、PSGを経由したレアル移籍がまことしやかに報じられた時期もあった。

     ペレス会長は、移籍市場が閉じる前にバルセロナがネイマール獲得に失敗することを望んでいるとされた。果たして、レアルの「10番」がネイマール獲得のためにPSGへ移籍するような事態は起こるのか。新たに複雑な状況が生まれる可能性が浮上している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190804-00208385-soccermzw-socc
    no title

    【レアルさん、ネイマールとモドリッチのトレードを提示wwwww】の続きを読む

    IMG_2443

    1: シコリアン ★ 2019/08/01(木) 02:52:23.43 ID:WSD+a0e59
    ■試合結果
    レアル 5-3 フェネルバフチェ

    ■得点者
    レアル:ベンゼマ(12分、27分、53分)、ナチョ(62分)、M・ディアス(79分)
    フェネルバフチェ:G・ロドリゲス(6分)、ディラル(34分)、オザン(59分)


    現地時間30日、アウディカップは3位決定戦が行われ、久保建英の所属するレアル・マドリーはフェネルバフチェと対戦した。

    今夏最も補強に成功したクラブは?バルサ、レアルら欧州トップ20クラブを“格付け”

    バイエルンの本拠地アリアンツアレーナで行われているプレシーズンタイトル「アウディカップ」。前日トッテナムに0-1で敗れたレアル・マドリーは、バイエルンに1-6と大敗したフェネルバフチェと3位の座を争うこととなった。

    プレシーズンマッチでいまだに勝利のないマドリーは、カリム・ベンゼマ、エデン・アザール、トニ・クロースら前日のメンバーに加え、イスコ、ヴィニシウスを先発起用。ルカ・モドリッチやセルヒオ・ラモス、そしてトッテナム戦の残り10分から投入されてシュート3本を放つ存在感を見せつけた久保はベンチからのスタートとなった。

    勝利が欲しいマドリーだが、この試合でも先制点を許してしまう。開始わずか6分、左サイドを突破したガリー・ロドリゲスがそのまま切り込み、ペナルティーエリア手前左から右足でシュート。狙い済まされたシュートがゴール右へと決まり、フェネルバフチェが先制する。

    先制したフェネルバフチェは勢いに乗り、畳み掛けるようにマドリーゴールへと迫る。惜しいヘディングや強烈なミドルシュートが枠を捉えたが、いずれもGKナバスの好守にはばまれた。

    すると12分、ヴィニシウスが右サイドから入れたグラウンダーのクロスはベンゼマの手前でクリアされると思われたが、ディエゴ・レジェスがまさかの空振り。ゴール前フリーで受けることとなったベンゼマは難なく押し込み、マドリーが同点に追いつく。

    さらに27分、ペナルティーエリア右からのクロースのFKを、中央のベンゼマが頭で完璧に捉え、あっさりと逆転に成功。名門の意地を見せる。

    しかし34分、カウンターからナビル・ディラルにゴールを許し、2-2で同点のまま試合を折り返した。

    マドリーはハーフタイムにアザール、ナバス、ラファエル・ヴァランを下げ、ルーカス・バスケスら3選手を投入。53分、右サイドに開いたバスケスのクロスを、ファーポストでフリーとなっていたベンゼマが頭で合わせ、ベンゼマのハットトリックでマドリーが3-2と勝ち越す。

    しかしこのリードも長くは続かず、59分にはオザン・トゥファンの強烈なミドルシュートが決まってまたも試合は振り出しに戻った。

    61分、マドリーはベンゼマやマルセロ、ヴィニシウスら4選手を下げ、マリアーノ・ディアス、ロドリゴらを投入。するとその直後、インターセプトから前線でボールを受けたマリアーノ・ディアスが強烈なシュートを放ち、たまらずGKがはじいたボールをナチョが押し込んでマドリーが4-3と勝ち越した。

    迎えた73分、モドリッチとともに久保がピッチに登場する。リードしていることもあってトッテナム戦のようなシュート意識は見せないものの、高い位置から精力的にプレスをかけてミスを誘うなど、戦況に合わせてプレースタイルを変えている様子。また、密集地帯でボールを受けても失わず、バイタルエリアでもミスなくチャンスボールを供給できていた。

    79分には、バスケスのシュートのこぼれ球をマリアーノ・ディアスが押し込んで5-3とリードを広げたマドリー。88分にも久保が惜しいシュートを放つもGKに阻まれ、久保のゴールはなかったものの、思わぬシーソーゲームを制してプレシーズンマッチ初勝利を手にした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190801-00010001-goal-socc

    【【朗報】久保建英、モドリッチと抜群のコンビネーションを見せつける!】の続きを読む

    IMG_1910

    1: 豆次郎 ★ 2019/06/14(金) 13:21:25.48 ID:d0HR2d7U9
    6/14(金) 12:31配信
    AFP=時事
    アザールがレアル入団会見、背番号10はモドリッチに「断られた」

    【AFP=時事】スペイン1部リーグのレアル・マドリード(Real Madrid)は13日、イングランド・プレミアリーグのチェルシー(Chelsea)から獲得したエデン・アザール(Eden Hazard)の入団発表記者会見を行った。

    【写真8枚】両親と共にファンの前に姿を見せたアザール

     本拠地サンチャゴ・ベルナベウ(Santiago Bernabeu Stadium)に集まった約5万人のファンの前でお披露目されたアザールは、レアルで「ギャラクティコ(銀河系軍団の一員)」になりたいと述べ、今回の移籍は自身のキャリアの中でも完璧なタイミングだったと考えていると明かした。

     アザールは記者会見で、「僕はまだギャラクティコではないが、いつの日かそうした存在になれることを願っている」と語った。

    「これまでにあらゆることを成し遂げてきたが、ゼロからの再出発になるだろう。僕はギャラクティコではなく、エデン・アザールだ。才能ある一人の選手に過ぎない」

     アザールと5年契約を結んだレアルは、チェルシーにまず1億ユーロ(約122億円)を支払い、その後もボーナスとして4500万ユーロ(約55億円)を手渡す可能性がある。

     昨年行われたW杯ロシア大会(2018 World Cup)の後にもレアルからアプローチがあったと認めたアザールは、それでもチェルシーを離れるのにふさわしいタイミングは今夏だったと主張した。

    「遅すぎたとは思わない。僕は28歳だし、選手として最も脂が乗っている時期だ」「リール(Lille OSC)やチェルシーでプレーしたこれまでには、さまざまな段階があった。世界最高のクラブに加入するのは今がふさわしかったと感じている」

     クリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)が退団したレアルは今季苦戦を強いられ、アザールにはその穴を埋める活躍が求められる。

     レアルは今夏、すでにエデル・ミリトン(Eder Militao)やルカ・ヨビッチ(Luka Jovic)、フェルラン・メンディ(Ferland Mendy)を補強しているが、ジネディーヌ・ジダン(Zinedine Zidane)監督の再就任後、指揮官の意思が反映された補強はアザールが最初となる。

     アザールは「レアルのようなチームでは、スター選手は一人だけじゃない。チーム自体がスターだ」と続けた。「チェルシーでは7年間プレーしたが、このチームでは新人。できるだけ貢献したい」

     また、レアルで世界最高の選手になりたいかと問われたアザールは、「挑戦するつもりだが、まずはこのクラブを世界で最高のチームにしたい」と返答。さらに、今回の移籍を決めるにあたりジダン監督の存在が大きな要因になったと認めた。

    「ジダン監督が僕の子どもの頃のアイドルだったのは誰もが知っている」「ジダン監督がチームを率いているというのは重要な要素だが、移籍の決め手はそれだけじゃない。ここでプレーしたいという気持ちをずっと持っていた」

    「レアルのファンになり始めたとき、僕はまだ子どもで、きょうだいと一緒に庭でサッカーをしていた」

    「それからフランスでプレーするようになり、イングランドに渡った。けれど、レアルの選手になってこのユニホームを着ることは名誉だ。新シーズンの開幕が待ちきれない」

     背番号が入っていないユニホームを着てファンの前に現れたアザールは、チェルシーのマテオ・コバチッチ(Mateo Kovacic)を通じて、クロアチア代表のチームメートであるルカ・モドリッチ(Luka Modric)にレアルの背番号10について尋ねてもらったと認めた。

    「コバチッチを通じてモドリッチと話すことができた。冗談で、背番号10を譲ってほしいと言った」「彼には断られたから、他の番号を探さないとね」 【翻訳編集】 AFPBB News

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190614-00000018-jij_afp-socc

    【アザール「背番号10譲ってくれ」モドリッチ「いやだ!」】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/05/24(金) 07:56:14.20 ID:KNzTfa4b9
    5/24(金) 7:42配信
    モドリッチ、レアルとの契約残留へ 近日中に契約更新を発表

    『Marca』の報道によると、ルカ・モドリッチはレアル・マドリーと2021年まで、1年間の契約延長を行うようである。クロアチア人MFとクラブが数日以内に正式な発表を行うことも指摘している。



    『Marca』が追加した情報によると、マドリーとモドリッチが以前に結んでいた契約条項には、もしバロンドールを獲得(昨年、実際起きたように)した場合、契約が1年延長されることが含まれていたようだ。

    さらに同MFは、ジネディーヌ・ジダンの信頼を完全に勝ち取っているようだ。モドリッチの契約更新は、ここ最近で契約を更新したトニ・クロースとナチョ・フェルナンデスに次いで3人目となる。

    今のところマドリーでは、多くの選手がチームを去ることも考えられているため、ビッグネームの新加入選手達とチームに残留する選手達をベースに変革を起こすことを考えている。

    なお、契約更新の正式な発表は今後数日の間で行われていくだろうと予想されており、モドリッチも最悪なシーズンから挽回し、以前の様な高いパフォーマンスをマドリーで披露することを望んでいる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190524-00010000-sportes-socc
    no title

    【【朗報】モドリッチ、レアルとの契約残留へ!】の続きを読む

    このページのトップヘ