ユベントス

    IMG_2234

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/07/05(金) 06:29:23.04 ID:JvXc8NCZ9
    ユヴェントスは4日、パリ・サンジェルマン(PSG)退団が決まっていた元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンの獲得を発表した。
    契約期間は2020年6月30日までの1年間となっている。

    現在41歳のブッフォンはパルマの下部組織出身で、1994-95シーズン開幕前にトップチームへ昇格した。
    同クラブではコッパ・イタリア制覇などを達成し、2001年7月にユヴェントスへ移籍した
    同クラブでは17シーズンに渡ってプレーし、セリエAで通算509試合に出場。9度のセリエA制覇、4度のコッパ・イタリア優勝などに貢献した。

    2017-18シーズン終了後にユヴェントスを退団し、PSGへ加入。
    昨シーズンはリーグ・アンで17試合、チャンピオンズリーグでは5試合に出場していた。

    ブッフォンを巡ってはバルセロナや古巣のパルマ、アタランタやポルトなどからの関心も報じられていたが、
    同選手は17年間ゴールマウスを守り続けた古巣を新天地として選択した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190705-00954667-soccerk-socc
    5(金) 3:51配信

    【【悲報】ブッフォン、PSGからユベントスに出戻り・・・】の続きを読む

    IMG_2176

    【【朗報】今夏の移籍市場、ヤバすぎるwwwwww】の続きを読む

    IMG_2131

    【デリフト「クリロナに誘われたぜ!ユベントス移籍しよ!」】の続きを読む

    IMG_2014

    1: 数の子 ★ 2019/06/16(日) 22:45:50.12 ID:O40U5YQW9
    ユヴェントスは16日、新指揮官がマウリツィオ・サッリ監督に決定したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までとなっている。

     現在60歳のサッリ監督は、元銀行員という異色の経歴を持つ。2015年夏にナポリの指揮官に就任。以来、2015-16シーズンはセリエAで2位、2016-17シーズンは3位、そして2017-18シーズンも2位と3シーズン連続で好成績を記録した。

     昨シーズンからチェルシーを指揮するサッリ氏。シーズン開幕当初は無敗記録を樹立するなど好調であったが、シーズン中盤に入るとチームは不調に陥ってしまった。シーズン終盤で巻き返しに成功し、プレミアリーグでは3位につき、ヨーロッパリーグ優勝も果たした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-00948738-soccerk-socc

    【【速報】ユベントスにサッリ就任wwwwwww】の続きを読む

    IMG_1717

    1: 久太郎 ★ 2019/05/19(日) 13:21:30.99 ID:w/IQ5Chj9
    ユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督は、今シーズン終了後に退任することがクラブの決断であると認めた。

    2014年から5シーズンにわたってユヴェントスを指揮したアッレグリ監督。セリエA3連覇を成し遂げたアントニオ・コンテ前監督の後を継いだ同指揮官は、在任中に5度のスクデット獲得、4度のコッパ・イタリア制覇など11個ものタイトルを獲得する。しかし、同クラブの悲願であるチャンピオンズリーグでは、2014-15、2016-17シーズンと2度の決勝進出を果たすも、ビッグイヤー獲得には至らず、今シーズンに関してはベスト8で敗退した。

    イタリア国内では突出した力を持つユヴェントスだが、CL制覇にまたしても手が届かなかったことを受け、17日にアッレグリ監督の退任を発表。そして、翌18日に行われた会見で、同指揮官は残り2試合でクラブから離れる経緯などについて語った。

    「イタリアでこれからも成功を収め続け、チャンピオンズリーグでも最高の結果を残せるポテンシャルを持ったチームから私は離れる。残念ながら、今シーズン我々はいくつかの場面で良い結果を残せなかった。そして、ユヴェントスの将来にとって何がベストであるかを議論した」

    「その結果、クラブは私が新シーズンの指揮を執らないことがベストであると決めた。ただし、私と会長の(アンドレア)アニェッリ、ディレクターの(パヴェル)ネドヴェド、(ファビオ)パラティッチとの関係は最高のままだ。今はチームを去るのにベストなタイミングだ」

    また、将来については「これからどうなるかはわからない。少しばかり休憩も必要だ。7月15日が過ぎれば仕事に戻りたくなると感じるかもしれないし、これからの状況を見極めることになるだろう。もしくは、1年間自分自身や家族のために時間を費やすかもしれない。いずれにせよそのうちわかるだろう」と言及するに留めた。

    アッレグリ監督は、20日のアタランタ戦で本拠地アリアンツ・スタジアムでのラストゲームを迎え、26日のセリエA最終節サンプドリア戦が5年間の集大成となる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00010008-goal-socc

    【【悲報】ユベントス、アッレグリ監督辞めさせられてしまう・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ